Dr.KINOKOYA Laboratory since 2004

サイエンス・デザイナーDr.KINOKOYAのAcademic Tips

≫ EDIT

スポンサー広告 | スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Book | そうそう!これが伝えたかったんだよ!

売れたらしく、例によって時代に乗り遅れまいと随分前に買っていた本書をやっと読了。


里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く (角川oneテーマ21)里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く (角川oneテーマ21)
(2013/09/25)
藻谷 浩介、NHK広島取材班 他

商品詳細を見る


干支一回り分、限界集落一歩手前の中山間地に暮らした経験がある私としては、農村のメリットとデメリットには一家言持っております。で、当然ながら、私は農村の味方なんですが、その思いをなかなか語る機会に恵まれずにおりました。
このブログでは、その一端を書いたりしてますが、まさにその思いのたけを十二分に語ってくれるのが本書です。
里山には金銭価値に表せない、豊かな価値がある。政府は、それを農村の多面的機能などと呼んでますが、やはりこれでは伝わらない。里山資本主義というキャッチーな用語が、成功しています。
少子化を解消する未来への希望が、農村には転がっています!都会で疲れた人よ、農村で人生をリセットしないか?


スポンサーサイト

| Book | 00:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Book | 間違いなく今世紀最大の図書?

各国の翻訳本の出版スピード、関連本の出具合などから推察するに、間違いなく今世紀最大の図書になりそうな予感。いや、まだ読み終わってないけど。
 
21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る


 にしても、こんな分厚い本を買ったのは、『ゲーデル・エッシャー・バッハ』以来だわ。それにしても、山形浩生の選択眼というか、彼の趣味の良さには感服である。思えば、90年代だったか21世紀になってたか忘れたが、若き彼の論考を読んで以来ファンになって、彼の本をいくつか渉猟させてもらったのだけれど、彼のホームページも含めて、そこから得られた知識は、普通に私が本屋めぐりをしていたら出会えないようなものばかりであった。
 クリエイティブ・コモンズの概念を知ったのは彼のHPだったし、そこから、クルーグマンも知ったし、バロウズを読んだのも、彼の本だったからだ。私のブログの文体も、彼からの影響を何がしか受けているようにも思う。読了できるかは、はなはだ心もとないが、これから数か月は、夜のお供にさせていただきます。

ゲーデル,エッシャー,バッハ―あるいは不思議の環ゲーデル,エッシャー,バッハ―あるいは不思議の環
(1985/05)
野崎 昭弘、はやし はじめ 他

商品詳細を見る


新教養主義宣言 (河出文庫)新教養主義宣言 (河出文庫)
(2007/04)
山形 浩生

商品詳細を見る

クルーグマン教授の経済入門クルーグマン教授の経済入門
(1998/11)
ポール・クルーグマン

商品詳細を見る


たかがバロウズ本。たかがバロウズ本。
(2003/02/15)
山形 浩生

商品詳細を見る

 

| Book | 17:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DKL Works | 2015年プライベート年賀状

 毎年、デザインレッスンの課題と化しているプライベート年賀状。今年もWEBとの連携を意識して、QRコードを使ってYoutubeにアップロードしたビデオも作成しました。以前は、年賀状に小さな写真をいくつかレイアウトする方法を採用していましたが、ビデオ連携を始めてから、シンプルに1点の写真をレイアウトする方向にしました。
 今年の新機軸は、老眼には厳しい4ポイントの文字で、子供の1年のエピソードをテキストで書いたことです。読んでもいいですが、デザインの一環としてタイトルの飾りとして使っています。
 今年のビデオの練習ポイントは音楽との同期。昔(今でもあるのかな?)Premiere Elementにはビートの検出という機能があって、CS6にもあるかな?と探したのですが見つかりませんでした。で、ネットで検索する事小1時間、結局、マニュアルでマーカーを打ち込むという作業に落ち着きました。確かに、ビートの検出では、こちらの意図通りにビートが検出されませんので、マニュアルで打った方が、実は早くて正確です。

 使った音楽は、見てのお楽しみ。2014年を象徴する曲です。ただ、昨年は5分でなんとか収めましたが、今年は、卒園~入学式と素材がたくさんあったので、1曲で収まりきれず、10分、2曲という長尺になってしまいました。
 ビデオ制作は、素材の写真選択に1日(計380枚ほど選択)、写真のトリミング、レタッチに2日(全部やりました)、ビデオ編集に2日の、計5日。10分のビデオ編集をほぼ一晩で仕上げるというのが、ビデオの出来を暗示していますが、そこはどうかご容赦を。音楽の雰囲気や歌詞との連動も少しだけやっていますので、よーく探してみてください。

20150101_NewYearCard_private3_モザイク


| DKL Works | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Book | バーン=ジョーンズの世界

友人がまたもや美術本を出版。
よくもまぁ、これだけネタがあるもんだ。
ビジネス企画力の高さを物語ります。

バーン=ジョーンズの世界バーン=ジョーンズの世界
(2014/12/26)
平松洋

商品詳細を見る





著者紹介より
*****************************
タイトル:バーン=ジョーンズの世界

著者:平松洋
出版社:KADOKAWA

19世紀イギリスにおいてラファエル前派の系譜に連なる最後の巨匠、バーン=ジョーンズ。ロマンチックな作風で知られるその作品をオールカラーで多数収録した、ビジュアル・ブックの決定版。
*****************************

 本書はちょうど一年前に出した『ラファエル前派の世界』(KADOKAWA)の姉妹版ともいえるものです。

19世紀中葉のイギリスで、ロイヤル・アカデミーの学生だったロセッティ、ミレイ、ハントたちが結成したのが「ラファエル前派兄弟団」でした。今春の森ビルでの展覧会を見た方も多いのではないでしょうか。彼らは、アカデミーが称揚したラファエロを頂点としたルネサンス美術に反旗を翻し、それ以前の美術、つまり、中世的な美術を範としたのです。しかし、その活動は意外と短く、4、5年で解体してしまいます。その衣鉢を継ぐようにロセッティに私淑したのがバーン=ジョーンズでした。彼は、ロセッティの影響下で、ラファエル前派の第2世代や後期ラファエル前派といわれる画家たちの中心的な存在となっていきます。

 しかし、バーン=ジョーンズはそれにとどまらない画家なのです。彼がオックスフォード大の受験で隣に座っていたのが、生涯の友となるウィリアム・モリスでした。彼との交友によって、後のモリス商会やケルムスコットプレスで人物デザインや挿絵を手がけていきます。さらには、ラスキンに勧められたイタリア旅行の影響から盛期ルネサンスやマニエリスムの影響を受け、友人のスウィンバーンやソロモン、そして、ムーアやホイッスラーの影響で、審美主義的な作品を描くようにもなります。一方で、あの世紀末美術のビアズリーの才能を見抜き、基礎的な訓練が必要だとして夜学のアート・スクールへ通うよう勧めたのも彼でした。

 ラファエル前派から、アーツ・アンド・クラフツ運動や審美主義運動まで、19世紀後半のイギリス美術の結節点にいたのがバーン=ジョーンズなのです。ところが、日本では、彼の画業を総合的にとらえた書籍がほとんどなく、数少ない書籍においても、彼が参照したとされている画家の名前や作品名が、ほとんど間違っているのです。これは、紹介者が20世紀の美術研究の成果に眼を通していない証拠でお寒い限りなのですが、実は、海外においてもあまり事情が変わらないようです。私の経験からすると1冊美術書を作ると必ず海外のストック・フォトの逆版を1、2点見つけ、それを指摘すると嘘のようにネット上の逆版がなくなっていくのですが、今回は、ある有名な海外美術館の展覧会英文カタログでさえ、逆反や間違いがいくつもあり、海外ストック・フォトの逆版にいたっては過去最多でした。

19世紀以降、美術界を席巻したリアリズムとモダニズムの進展で、こうした「物語画」は否定され、最近やっとラファエル前派あたりまで評価を回復してきたのですが、まだまだ本格的な再評価と研究は端緒についたばかりと言えるのかもしれません。本書は、できるだけ最新の美術研究を踏まえ、画家に与えた影響関係を基軸に総合的に画業を紹介したつもりです。とは言ってもビジュアル・ブックであり、書ききれない部分が多かったのですが、読者の皆様には絵画をじっくりと鑑賞していただける作りとなっています。

本年は、ラファエル前派展から審美主義展、そして、現在開催中のホイッスラー展に至るまで、19世紀イギリス美術に関連する展覧会が目白押しでしたが、その中にあって、全てに関係していた画家がバーン=ジョーンズであり、その多彩な画業の世界をお楽しみいただければ幸いです。また、広くご紹介いただければ幸甚です。
                                    平松洋

| Book | 08:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Diary | ThunderbirdからGmailにアクセスできない

 たまーに調子が悪いというか、反応が悪くなるGmail。今回も、回線が込み合っているのかな?程度の気持ちで数日待ったが、うんともすんとも言わない。もちろん、Webメールでは送受信ともできている。Popサーバーがよろしくないのかな?と、IMAPで再設定を試みるも、やはり、パスワードを認証しない。アカウントは間違えていない。

 で、ネットでググる事小一時間。セキュリティソフトが悪いだのいろいろな情報があったが、今回は、2段階認証プロセスの、
アプリ固有のパスワード問題であった。

詳細は、参考にしたこちらのページでご確認ください。

http://www.ajaxtower.jp/gmail/2step-verify/index6.html#section1

| Diary | 12:24 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。