Dr.KINOKOYA Laboratory since 2004

サイエンス・デザイナーDr.KINOKOYAのAcademic Tips

2006年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年04月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサー広告 | スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Music | 毒舌

昨夜は帰る予定だったのだが、諸事情により結局泊まった。んで、行きつけの喫茶店に寄り、マスターと常連数名に学位記を見せびらかす(笑)。

で、社長からの命令で、長年世話になっている発明家の先生に会いに行って来いってことで、行って来た。研究所に行くと先生は不在。取り急ぎ新しいプラントを見学させてもらって、自宅へ。もう82歳になった先生は、去年大腸がんの手術を終えたものの、いたって健康&饒舌。あいかわらずの毒舌ぶりだわ。小一時間で帰るつもりがあっと言う間に2時間が経った。日頃、「大学教授と付き合うのは、芸者に入れあげるのと一緒」と冗談交じりに金を産まない研究を批判している先生なので、学位を取りました~と言えば、「ま~た、無駄な金使って」と言われるかと思い、タイミングを見計らって恐る恐る告げると、図らずも喜んでくれた。先生の持っている特許関係のものを、全部、私の研究成果としてホラ吹いて回れとも(笑)。

いろいろな特許がありますので、ご入用の方は是非ともご一報ください。

帰りはparismatchの新譜など。

after six

after six

スポンサーサイト

| Music | 14:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Diary |

ちゅーわけで、なんやかんやいいながら三年の過程を修了し無事卒業です。正式には修了式というのか?いや、学位授与式って書いてあったな。

私が通った大学の場合、卒業式は2段階方式になっていた。つまり、全体の修了式と学部の修了式ね。案内状によると、午前中は学部の修了式で、午後が修士および博士、正式には博士前期過程と博士後期過程の修了式が執り行われ、その後、各学部に移動して、前期・後期別々の部屋で学位授与式が行われた。

例のごとく、12時過ぎにちょい遅刻気味で全体の修了式の会場、50周年記念会堂に足を運ぶと、会堂の周りは学部の卒業生で大混雑。大声で校歌だかサークルの歌だかわからんが歌っているグループありーの、胴上げをするグループありーの。で、会場に入ると、厳かに式は執り行われていた。しかし、大学院だけの式なのに相当な数。へぇ、こんなにいたんだってカンジ。今更ではあるが、なんか学位の重みを感じ始める。

f:id:kinokoya:20060331131849j:image

f:id:kinokoya:20060331131922j:image

式は無事終り、学部の建物に向かう。農学部1号館の6階会議室。席次表が入り口に張ってあって、全員着席式になっている。過程博士と論文博士を合わせて、50数人。きのこやは、ちょうど50番目だった。受付で見知った顔を発見。T農大の先生の研究室OBの女の子。入学式の時に偶然会って、連絡取り合おうね~と言っておきながら、結局、メールアドレスを紛失して、3年間音沙汰なしだったコだ(笑)。彼女も無事学位をもらえたようだ。しかも、私の次の51番め。

式は、学部長(正式には、学府長なんだけどね)が一人一人全文を読み上げ、手渡しをする。てっきり「以下同文」かと思ったんだけどね。なんか有り難味が増します。

f:id:kinokoya:20060331132915j:image

1時間ほどで式は修了。

ようやく学位記をゲットしました。このデザインは、大正10年にデザインされたもので、大蔵省印刷局で印刷されたものだそうだ。さすが国立(笑)。いやー、しかし歴史の重みがじわじわと染み入ってきます。最初にこういうセレモニーをしてくれると、もっと一所懸命研究やったのになぁ(笑)。

f:id:kinokoya:20060331133200j:image

一応式関連は終了し、こんどは近くのホテルで、学科(正式には専攻)の卒業パーティ。4年生、修士、博士、そして教師と在学生が一同に集まる。うぉ~こんなに人が居たのかってのが第一印象。これがみんな同窓なんだね。その数、300人ほど。ちなみに、専攻から博士号を取得したのは14人だそうな。3年間、研究室と図書館にしか行っていなかったので、大学や学部に対する一体感てのは全くなかったんだけど、こういう式に出ると、なんか一体感がありますなぁ。極わずかながら知っている先生方数名に挨拶しつつ、研究室の学生と歓談しつつパーティを眺める。

いろいろと悲喜交々が去来しますが、無事(だかどうかはわからんが・・・)学位を頂戴しました。支えていただいたみなさん、どうもありがとうございました。

| Diary | 13:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Diary | 花見

Gんちゃんプレゼンツ「ぶらり 市房 千本桜」に参加してきました。夜9時にCわんやの工房に8人が集合。Gんちゃんの運転する、スーパーデラックスキャンピングカーに乗り込んだ我々は、寄り道しながら一路、市房山の千本桜を目指します。

意外にも、いろんな場所でライトアップが施されていて、しかも金曜日の夜にもかかわらず、人気はゼロ。贅沢な夜桜見物となりました。ライトがまぶしい1本桜の前に陣取った我々は、本日誕生日のCわんやへのYこりん夫妻プレゼントのケーキに点灯し、プチ茶話会へと突入したのでありました。

f:id:kinokoya:20060325151628j:image

f:id:kinokoya:20060325151547j:image

f:id:kinokoya:20060325152006j:image

f:id:kinokoya:20060325151607j:image

| Diary | 15:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Diary | Help

遅く寝たので起きたら3時過ぎ。ふと見ると電話がかかってきていた。折り返し電話すると、パソコン関連のヘルプコールだった。夕方に約束。

ま、ソフトをインストールしてくれってだけだったけどね。

そのまま、行きがかり上、K邸へ。気がついたら1時だったのでそそくさと帰る。

| Diary | 15:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Diary | 900

朝6時半に起きて社長を病院で拾い山口へ。

下関のちょっと先かな?と思っていたら、行き先は徳山だった。ほとんど広島っつーかんじ。今日は福岡に泊まり、翌日、姪浜を回ってから帰った。走行距離、899.4km。名古屋まで行ったのと同じ計算ですな。

| Diary | 14:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Diary | 製本

というわけで、先週、ようやく大学から正式な学位授与の通知が来たので、授与式に向け、論文の印刷を頼みに大学生協まで走った。当初、20冊印刷してもらおうと考えていたのだが、29冊までは、何部印刷しても値段に違いがないことが判明。というわけで、とりあえず、10冊だけ印刷してもらうことにした。何も考えずに来たのだが、今日頼んでも、出来上がりは授与式ぎりぎりであることが判明。ほっと胸をなでおろしたのだった。

紙質も、自前でやるコピー用紙よりはちょっとだけ高級な紙にしたもらってね。

まずは一安心。

| Diary | 17:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Book | ヒトのメスは飼えません

先週福岡に行った帰りに、例のごとくTた屋書店に寄って何冊か文庫本を購入。そのうちの一冊を読了。

ヒトのオスは飼わないの? (文春文庫)

ヒトのオスは飼わないの? (文春文庫)

これは彼女の飼っている犬猫との出会いや日常を描いたエッセイ。きのこや、大学1年の時、すなわち今からかれこれ20年ほど前に長年連れ添った愛猫を亡くして以来、もう動物は飼わないと心に誓い、今は、食品製造業の端くれでもあるので、飼う事もできなくなって久しいのだが、決して動物は嫌いではないものの、このテの動物エッセイものは、どちらかというと苦手というか、退屈に感じる性質で、決して守備範囲の本ではないのだが、この本は違った。

いやー、彼女の文才には恐れ入るわ。まず、退屈しない。しかも、あろうことか、飼い主である米原に感情移入までしてしまって、目頭さえ熱くなる始末(笑)。

書かれている内容は、他愛もない犬猫の話ではあるのだが、その犬猫の描写よりも、飼い主のそれにまつわる感情の迫真ぶりに、ついついコチラも引き込まれてしまうのだ。

それにしても魅力的な女性ではあるなぁ。言語を仕事にしているからなのか、その明晰で冷徹な論理力もさることながら、その執拗とも思える、感情の熱さ。一度でいいから、ゆっくりとサシで話をしてみたいもんだ。多分、彼女にするにはそぐわない女性なのだろうが(大きなお世話だね(笑))、ヒトとしては、愉快かついいやつに違いない。

なんでも、今、癌に苛まれて闘病中らしいとの噂を聞いた。頑張ってね。まだまだ、貴女を必要としている人々犬畜生がいますよ。

| Book | 17:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Diary | 寄り道

社長を病院に送るついでに、Cわんやの工房にでも行こうかと電話をしたら工房にはいないという。ということで、Mりのホールに立ち寄ってコーヒーと食事を頂く(笑)。

こうやってふらりと立ち寄って、お茶をご馳走になることができる場所があるっていいなぁ。気分は野良猫である。

| Diary | 17:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Diary | 春は来る

事務所で残務整理をしていたら、旧知の運送会社の社長が来ていた。うちの若いのが呼んだらしい。雑談がてら娘の近況を聞くと、昨年の9月に結婚したらしい。

この娘、大学1年の時に悪い男につかまって、大学を中退するなど、親を泣かせた娘。さる事情で、その娘と男が住むアパートに追い込みをかけたことがある。あれはもう2年も前だ。その後、なんとか男と別れさせ、家に連れ戻し、地元の塾でバイトをしているとは聞いていたが・・・。そこの講師の先生と結婚したらしい。人は変わるものである。

おめでとう。

その時の日記

http://d.hatena.ne.jp/kinokoya/20040120

| Diary | 00:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Diary | 臭う

社長のお供で遠出するので、10時に起こされる。昨日遅かったので辛い。八代~熊本と動く。夕方5時、約束の熊本市内のホテルに到着。今夜の用事は、ある参議院議員の内輪の食事会。彼は比例代表全国区らしく、全国に名前を売らなければならないらしい。支援者と思しき連中が集まる。そのメンツを見ていて吐き気がしてきたので、用事を理由に参加を拒否した。無理やり作った用事を済ませ、道すがら車の中でテレビを見たりして時間をつぶす。

腹が減ったのでぶらぶら走っていたら、以前、Gんちゃんが教えてくれた定食屋を発見。入ってみる。安い。マンガ喫茶みたいにマンガが結構おいてある。ふと後ろの棚を見ると、頭文字Dを発見。1巻を読む。マンガの単行本を読むのは何年ぶりだ?近くだったら通ってるね。レジのお姉さんの大きな瞳がセクシーだった。惚れた(笑)。

友達に教えてもらった上通りのジャズ喫茶を目指したが、店の前に来た時に社長から電話。タイムアウトとなった。なんとも密度の薄い一日だった。しかし、体は疲れる。

| Diary | 23:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。