Dr.KINOKOYA Laboratory since 2004

サイエンス・デザイナーDr.KINOKOYAのAcademic Tips

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサー広告 | スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Book | 魔法の言葉

 というわけで子育て中のDrKinokoyaです。
 日々是発見&再発見の毎日ですが、発達心理学なるものをそれなりに噛った身であったとしても、一個の実存の前では知識は無力であったりします。ま、それなりに解釈してみたりして面白かったりはするのですが、知的好奇心と子育てとは、位相を別にする営みであるような気もします。

 さて表題。

 そんなこんなで、「彼の行動の裏にあるものは?」とか、「どうすれば彼のあの行動をやめさせられるのだろうか?」などと日々、まったりと考えたりします。これは子どもを持つ親としてはみな共通なものでしょう。
 んで、そんな心に、コ難しい「対象関係論」の本などは、ちょっと違和感があります。もっと簡単なものを・・・。ちょっと心を落ち着かせる一文を・・・。

 それがこの本です。

 
子どもが育つ魔法の言葉 (PHP文庫)子どもが育つ魔法の言葉 (PHP文庫)
(2003/09)
ドロシー・ロー ノルトレイチャル ハリス

商品詳細を見る


 中でも冒頭の以下の詩は、みなさんもどこかで聞いたことがあるような一節です。時間が経っているようなので、さまざまなバリエーションがあるそうですが・・・。

 以下、引用

子は親の鏡
                      ドロシー・ロー・ノルト
けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる
とげとげした家庭で育つと、子どもは、乱暴になる
不安な気持ちで育てると、子どもも不安になる
「かわいそうな子だ」と言って育てると、
子どもは、みじめな気持ちになる
子どもを馬鹿にすると、引っ込みじあんな子になる
親が他人を羨んでばかりいると、
子どもも人を羨むようになる
叱りつけてばかりいると、
子どもは「自分は悪い子なんだ」と思ってしまう
励ましてあげれば、子どもは、自信を持つようになる
広い心で接すれば、キレる子にはならない
誉めてあげれば、子どもは、明るい子に育つ
愛してあげれば、子どもは、人を愛することを学ぶ
認めてあげれば、子どもは、自分が好きになる
見つめてあげれば、子どもは、頑張り屋になる
分かち合うことを教ええれば、子どもは、思いやりを学ぶ
親が正直であれば、
子どもは、正直であることの大切さを知る
子どもに公平であれば、
子どもは、正義感のある子に育つ
やさしく、思いやりを持って育てれば、
子どもは、やさしい子に育つ
和気あいあいとした家庭で育てば、
子どもは、
この世の中はいいところだと思えるようになる



引用終わり

最後の「この世はいいところだと思えるようになる」というフレーズは泣けますね。

世の中が一筋縄でいかないのは、誰しも経験していることでしょう。いいところであると必ずしも自信を持って言えない経験もしているでしょう。

それでも

これから大きくなる子どもたちには、「生まれてきてよかった」と思って欲しい。
「人生は、いろいろあるけど、悪かぁないね」と思って欲しい。
と、つくづく思いますね。

いやいや、たった1個のイチゴを目にしたときの、あの嬌声と満面の笑みを見たときに、「この世は意外にいい場所かもね」と思わせてくれたのは、実は彼でした。

子どもに人生を教わる。
逆説的ですが、意外と真実です。
 
スポンサーサイト

| Book | 00:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

あっ、さっきのコメントに名前書くの忘れてた(^^ゞ
やまばばでした☆

| やまばば | 2009/07/06 22:42 | URL |

わたしも、以前この詩に出会った時はうるうるしたよー。
子供の存在の大きさって、無限大よねv-238

わたしは・・・(自分自身が)生まれてきてよかった!っていう実感を、子供たちに味あわせてもらってます☆

| Guest | 2009/07/06 22:40 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cj01.blog95.fc2.com/tb.php/1059-be3fd4d3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。