Dr.KINOKOYA Laboratory since 2004

サイエンス・デザイナーDr.KINOKOYAのAcademic Tips

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサー広告 | スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Essay | 目覚めは幸福をもたらすのか

 私には特技があります。それは「一度見た映画を、再度見ても最後まで新鮮に見れる」という特技です。しかも、よっぽどインパクトが強くないと、見た映画のタイトルも完全に忘れています。
 嫁に勧められて、この映画を見ました。
レナードの朝 [DVD]レナードの朝 [DVD]
(2009/02/25)
ロバート・デ・ニーロロビン・ウィリアムズ

商品詳細を見る

 
 中枢疾患で30年植物状態から目覚めた患者(ロバート・デ・ニーロ)と、研究畑で臨床を知らない医師(ロビン・ウィリアムス)の関係を描く映画です。
 きのこや、密かにロビン・ウィリアムスが好きです。なんとも言えない野暮ったさに好感が持てるからです。
 決して器用ではないが、善良な人間てなカンジの医者を好演しております。

 ひとことで言えば、

 希望を諦めない
 自我の目覚め
 母の愛
 小さな幸せへの気づき

 てな所でしょうか。ワタシ的には。

 いつも思うのですが、些細なことながらも目の前のことに対して、懸命に誠実に対処する人生を送りたいと考えています。
 そんな気分を思い出させてくれた映画でした。
 DVD買ってみようかな。

 にしても、デ・ニーロが鬼気迫る演技でパーキンソニズムの患者を演じています。吹き替え版で見たのですが、野沢那智の吹き替えも、感情移入するのによかったです。

 ちなみに、昔の金曜ロードショーの録画だったんですけど、水野晴夫が出てきたよ。懐かしかった~。
 
スポンサーサイト

| Essay | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cj01.blog95.fc2.com/tb.php/1061-d80b781f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。