Dr.KINOKOYA Laboratory since 2004

サイエンス・デザイナーDr.KINOKOYAのAcademic Tips

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサー広告 | スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Book | 元気ですかー!!

久しぶりに小説を東京から京都へ向かう新幹線の中で読了。
というわけで、今、京都駅前のホテルです。


アントキノイノチアントキノイノチ
(2009/05)
さだ まさし

商品詳細を見る

 小説は滅多に読まないんだけど、別に小説嫌いというわけでもなく、読み始めれば嫌いではない。ただ、いつもの習慣で、本屋に行っても、新書やサブカル系の棚に直行なんで、選択の対象に入ってこないんだよね。
 好きな作家がいるわけでもないし、膨大な小説群から、どれが自分の好みの小説かが判然としないというのもあるかな。

 さて、この小説。信頼する読書家の強い勧めもあって手にした一冊。普段はハードカバーに手を伸ばすことはないので、こういうチャンスでもないと、小説かつハードカバーに手を伸ばすことはないでしょうね。しかも、さだまさしという、中州産業大学世代(どんあ世代だ?)には、あまりイメージの良くない(おれだけか?)作家(てか、私は彼がこんなに小説がうまいとは知りませんでした)。棚に平積みしてあっても、決して手に取ることはなかったでしょうね。
 結論。いやー、たいちょお進めてくれてありがとう。

 きのこや常々書いておりますが、父子ものに弱いです。さらりと読みやすい筆運びもグッドです。

 内容はネタバレになるので割愛しますが、ちょっと汚れてしまって、ちょっと人生に疲れてしまった人にはおすすめですよ。
ほろりとする場面もありますので、新幹線の中で読むことはおすすめしません(笑)。 
 
スポンサーサイト

| Book | 08:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cj01.blog95.fc2.com/tb.php/1078-a8c6d7e2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。