Dr.KINOKOYA Laboratory since 2004

サイエンス・デザイナーDr.KINOKOYAのAcademic Tips

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサー広告 | スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Book | 学ぶ態度

 内田樹の『日本辺境論』を読了。

日本辺境論 (新潮新書)日本辺境論 (新潮新書)
(2009/11)
内田 樹

商品詳細を見る


 ちなみにこの本、新書大賞2010のベスト1に選ばれていた。
新書大賞〈2010〉新書大賞〈2010〉
(2010/02)
中央公論編集部

商品詳細を見る


図らずも購入した、しかも、たまたま友人の紹介記事を読んで知った作者で、かつ、一気にのめりこんだ作者がナンバー1になるというのは、なんとなく誇らしい気分になる。

これまでに読んだ彼の本は、

こんなのや
下流志向〈学ばない子どもたち 働かない若者たち〉 (講談社文庫)下流志向〈学ばない子どもたち 働かない若者たち〉 (講談社文庫)
(2009/07/15)
内田 樹

商品詳細を見る


こんなの
子どもは判ってくれない (文春文庫)子どもは判ってくれない (文春文庫)
(2006/06)
内田 樹

商品詳細を見る


これも
知に働けば蔵が建つ (文春文庫)知に働けば蔵が建つ (文春文庫)
(2008/11/07)
内田 樹

商品詳細を見る


あー、これはM君に貸そうと思ったヤツ。
私の身体は頭がいい (文春文庫)私の身体は頭がいい (文春文庫)
(2007/09/04)
内田 樹

商品詳細を見る


すっかりハマっております。
特に私は、彼の教育論というか「学ぶとは?」という論考にすっかり傾倒しております。

 詳細は、是非是非、彼の著作を読んでいただくとして、簡単に言えば、

「学ぶ者は、学びの師を選択する時に、それを判断する基準を持っていない(=故に学びに動機付けられる)」
「なんだかわからないけど、この師についていこうという直感にしか頼ることができない(それは日本人の特筆すべき特徴である)」

 これを彼は、自身の合気道習得の経験や能の体験などを引きつつ、すぱっと論理明快に説いていきます。

 私が彼の説に激しく同意するのは、私にも似たような経験があるからです。

 大学1年の春、私は3浪の末憧れの大学生活というものに飛び込みました。仕送りが期待できない家庭環境だった故、働きながら私立大学に通う私は、1円でも元を取り返すぞ、という気合に鼻が膨らんでいたことでしょう。
 可能なかぎり履修可能な授業に登録し、私は火曜の7限(だっけかな?)の『美学』という授業の第1回目に参戦しました。1時間半の講義を受けた私は愕然とします。無垢で無知な田舎者の私は「多分、上手にイラストが書けたり、絵を描く理論を教えてくれるんだろう?」と考えていました。しかし、内容は全く異なりました。そもそも、美学とは、哲学の一ジャンルで、絵を描く技術などを教えてくれるものではありませんでした。
 「一言もわからない(笑)」。教壇に立つ教員が繰り出すコトバの、そのことごとくがわからない。いや、そこで展開されているのが日本語だってことはわかりますよ。
 ロラン・バルト?相撲取りの親戚か?(いやいや、当時はそういう相撲取りはいませんでしたし、そもそも、バルト3国というコトバさえありませんでした)。アウラ?ラウラ・アントネリなら知ってるぞ(ちなみに、1970年代に中学生の心をわしづかみにした、イタリアのソフト・エロ映画『青い体験』の女優さんw。

 みたいに、使われる単語の意味から、概念まで、全てがわからない。こんな体験は初めてでした。まさに衝撃の体験。まだ、コトバのわからないイタリアに旅行するほうが了解可能です。

 「これが・・・大・・・学・・・?」

 この時、私は大学の奥深さと己の無知を悟りました。これでも、それまで私の暮らしてきた生活世界では、私は知識が豊富で大人びているとの評価を受けていたのですが。まさに、「井の中の蛙大海を知らず」。

 大分横道に逸れました。

 その講義が終わった後、私はある衝動を抑えきれず、教壇に近づき、その全く理解不能な講義を1時間半しゃべくりまわった先生に向かって言いました。

 「先生は、何が言いたいんですか?」

 ほとんど小学生並みのリアクションですw。

 しかし、私は、その教師に喧嘩を売りに行ったのではありません。何を言っているのかわからない、しかし、そこには私を惹きつける何かしら重要なものがありそうだという直感に導かれ、彼(=教師)に少しでもヒントを貰おうと思ったのです。
 その時、彼が何と答えたのかは、今となっては記憶に残っていませんが、いずれにせよ、私は、その学問が私に必要そうだという直感のみによって、その学問に動機付けられたのです。そこには、「この教師は、フランス哲学、なかでもベルクソンが専門で、その研究では、国内ではそれなりに評価されている。哲学における美学を究めるには、彼についていくことが妥当な選択であろう」などという、客観的な評価と判断力を私が有していて、彼に白羽の矢を立てたわけではありません。

 「なんだかわからないけど、この師についていこう」

 なのです。

 その後結局、彼は私の大学4年間の生活の中で、最も多く時間を過ごした教師となり、彼を中心とした友人たちとは、今でも親交を続けています。

 しかし、最近の教師(あるいは、教育)に対する学びの態度はいかがでしょう?

 内田は書きます。

 学び始める前に、「教える者」に対して、「あなたが教えることの意味と有用性について一覧的に開示せよ。その説明が合理的であれば、学ぶにやぶさかでない」というような(わりと強気な)態度

 典型的には大学のシラバスも同じ教育思想に基づいていると内田は言います。

 つまり、教育が商品になっている。スーパーの野菜を値踏みする態度と同じ態度で、教師に、教育に向かっている。

 これに対し内田は、

 学び始める前に、これから学ぶことについて一望俯瞰的なマップを示せというような要求を学ぶ側は口にすべきではない。これは伝統的な師弟関係においては常識です。そんなことをしたら、真のブレークスルーは経験できないということを古来日本人は熟知していた。

 単純にこの引用だけを読めば、「何古臭いこと言ってんだよ。ぶゎぁか!」と思われるかもしれません。彼の著作を読めば、あなたもその真意がわかると思いますが、いずれにせよ、私には、経験的に彼の言っていることがよくわかるし、私は実践してきたつもりです。

 ただ、一方で、実際に学生に指導をする場合は、私が指導する内容が、他愛もないスキルということもあって、かなり念入りに、「これを覚えると、こんなに幸せだよー」などと功利的な理由を並べ立てて説得しているのですがw。

 ただ、本質的に学ぶという行為が持つ非対照性と、予見不可能性については、理解しているつもりです。

 さらに、ここから話は武士道に飛び、努力と報酬の相関(努力に見合った結果が得られるということ)を根拠に行動することが武士道に反するとした新渡戸稲造に同意しつつ、昨今の「功利的な学び」の原理的な矛盾と非効率を述べていきます。

 最近、私が出入りする職場のある人間が馘首されました。

 その一義的な理由は、彼の犯した失敗を起源とする、彼に知らされていない会社への損害ですが(すなわち、直接的な功利的理由)、その決断に伏在する理由は、彼の仕事(それは、学びでもあるのですが)の態度と構えが、内田の言う学びの本義と離れていること、それにより、職場を取り巻く環境に看過できない悪影響を及ぼし始めたからであると私は理解しています。それにより、いくつかの悲劇も生起しましたが、その遠因に彼の態度と構えがあったと思えることは、いささか馘首の判断が遅かったのかもしれません。無念です。

  内田は、能楽の『張良』を引きながら、師弟論(それは、指導的な雇用関係でも同じでしょう)として、「師が弟子に教えるのは、「コンテンツ」ではなく、「マナー」でだということ」といいます。つまり、「学び方」を感得させるのが、学びの本質だといいます。

 内田は

 ひとたび学び方を学んだものはそれから後、どのような経験からも、どのような出会いからも、どのような人物のどのような言動からも、豊かな知見を引き出すことができます。賢者有徳の人からはもちろん、愚者からも悪人からもそれぞれに豊かな人間的知見を汲み出すことができる。

 といいます。

 私は、この一文を読みながら、目頭が熱くなりつつ、「そうそう」と、これまでの自分の体験を反芻していました。もちろん、私が完全に学び方を学んでいると言いたいわけではありません。また、習得したとも思いません。しかし、直感的に、この内田の言辞に寄り添おうという思えるのです。
 あなたは、この一文を読んで「ピン」と来るでしょうか?それとも「?」でしょうか?是非とも、内田の正書をお読みいただいて確認していただきたいと思います。(上の写真をクリックすれば、AMAZONで買えますw。

 学校であれ、会社であれ、組織は学びの連鎖の中でそれぞれの目的を達成していきます。折りしも本日は、新社会人たちが社会に出発して行きました。その彼らに、私たち大人は、どれだけ「学び方」「学ぶ力」「学ぶマナー」を教えられたのでしょうか。

 件の馘首された人物は、恐らくは、自身の馘首された理由が理解できていないでしょう。そしてそれは原理的に、説明して理解できるものでもありません。人の命を犠牲にした結果を生んだとしても、恐らく彼に学びの契機は訪れないのでしょう。短く、かつ、浅薄な関係だったとは思いますが、スキルの向こう側にある「学びのマナー」「生きるマナー」を十全に彼に伝えられなくて申し訳なく思います。

 せめてもの教訓は、今後は、少しでもそれを出逢った人々に多く伝えられたらと思います。

 この読者少数のブログをお読みになった方へ、是非とも『日本辺境論』の読書をお勧めします。読了後のアナタは、きっと世界に対して少しだけ謙虚になれるはずです。

スポンサーサイト

| Book | 00:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

日本辺境論、

面白かったっす。アタマくるんくるん。
「バカの壁」以来の衝撃でした!

内田樹さんの文章って
きのこやさんにそっくりにかんじてしもーたんじゃけど。。。

。。。。だし。

って結び方。おちゃめで、おもしろい。
こういう反論は受けませんって、
デフェンスもばっちし。

1章の辺境人
「きょろきょろして新しいものを外なる世界に求める」ってのに、やられてしまった。
開き直っちゃうのもマル。

4章の日本語もなかなか。。。
ってこちらは、養老さんの解説みたいに
なっちゃってますが。。。

フロリダにいったんだけど、
「オーランド」でなくて「オランドー」
でした。なぜ、そうなるのカタカナ!

「オマーン」も本当は、「オマン」だし!

レマン湖にならないように、文部省が
がんばったのか!?

| たいちょお | 2010/04/15 01:06 | URL |

うーむ。
おもしろそうなんで、購入してよみまーす。

学ぶとは、、ですかあ。
子供をもつと、視点がかわって、
おどろいちょりますよー。

| たいちょお | 2010/04/03 04:39 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cj01.blog95.fc2.com/tb.php/1097-01cd8673

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。