Dr.KINOKOYA Laboratory since 2004

サイエンス・デザイナーDr.KINOKOYAのAcademic Tips

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサー広告 | スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Diary | 師匠

師匠と呼ぶにはおこがましい。私淑ってかんじかな。
と、敬愛している某大学教授と打ち合わせするウチの教授にお供してきました。
美味い鰻の食事までごちそうしてもらっちゃった。

彼、W先生の敬愛する部分は、何よりもその会話の魅力である。
舌鋒激しい部分も楽しいのだが、常に笑いと楽しさのレベルを低下させない、会話の浮揚力は毎回お会いするたびに勉強になる。
ある意味で芸術的にその会話術は完成されているので、ややもすると、自分の会話がそのコピーになりそうになることもしばしばである。それぐらい吸引力のある会話術だ。

さらに会話術をささえる、論理的思考。
これも絶品だ。常に状況証拠から論理を紡ぎ出す訓練のたまものなのか、どのような瑣末なマターであっても、整然とした論理の柱を見出そうとする、目的意識が、打ち合わせを終了した瞬間に、ある種の達成感を実感させる。

かくのごとくモデルとなる人間が身近にいるということは、実は有難いことなのだと、最近、ことに強く思える今日このごろである。

明日からいよいよ撮影。
集中して、芸術家モードに如何に自分を鼓舞するか。そこが課題です。




スポンサーサイト

| Diary | 00:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cj01.blog95.fc2.com/tb.php/1112-6e8b60ab

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。