Dr.KINOKOYA Laboratory since 2004

サイエンス・デザイナーDr.KINOKOYAのAcademic Tips

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサー広告 | スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Foreign country |

伊藤忠、中国の大農産地と提携 「食の安全」管理・検査、黒竜江省一帯で
2010/6/24付
【大連=進藤英樹】伊藤忠商事は中国産食品の検査を強化し、大規模な供給体制を整える。このほど黒竜江省政府の国営農場を管轄する農墾総局、同省の研究機関である農業科学院、食品検査会社の煙台傑科検測服務(山東省)の3者とそれぞれ業務提携した。今年の収穫期から黒竜江省の100を超える農場で生産する野菜や穀物について栽培から加工まで一貫して管理する。中国産食品への不安を和らげるのが狙いだ。
画像の拡大

画像の拡大

 大豆の生産量で中国全体の約3割を占めるなど屈指の穀倉地帯である黒竜江省が、外資の企業と食品の安全に取り組む事業としては過去最大級だ。伊藤忠は国営農場で野菜や穀物を委託栽培し、農業科学院は農産物の安全性を調べる。煙台傑科検測服務とは残留農薬や添加物の検知など加工食品の検査体制で協力を深める。日本の先進的な技術を導入し、食品の信用を高めることを目指す。

 農墾総局は黒竜江省で115の農場を管轄し、約74万人が働く。耕作面積は合計212万ヘクタールで日本の耕地全体の半分弱の規模。ここで収穫したカボチャ、タマネギなどの野菜や、大豆、トウモロコシといった穀物を農業科学院で安全性を点検する。遺伝子組み換え作物が混入しないようにするなど管理を徹底する。

 伊藤忠は今回の事業を通じて、現在はほとんどない野菜の輸入額を3年後に50億円まで伸ばす計画だ。穀物は現在の20億円から50億円に増やす。伊藤忠は2009年に黒竜江省の会社に資本参加し、穀物の委託栽培による供給体制を築いた。野菜の供給でも合弁会社の設立を視野に入れる。

 日本の中国産食品の輸入額は08年の冷凍ギョーザ事件を境に急減した。「食の安全」の確保が課題になっている。

***********************日経web版より

この会社、たぶん刑社長の会社じゃないかな?
いずれにせよ、中国での農産物生産事業が旬ですね。

スポンサーサイト

| Foreign country | 09:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cj01.blog95.fc2.com/tb.php/1119-c5ee29b3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。