Dr.KINOKOYA Laboratory since 2004

サイエンス・デザイナーDr.KINOKOYAのAcademic Tips

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサー広告 | スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

DKL Works | 進捗状況

ちゅーわけで本格的にレシピ本も編集作業に入ったきのこやです。
ここ数日、夜中の4時ぐらいまで仕事して、「もうダメ・・・」となったところで眠り、朝、嫁にたたき起こされて、子どもを保育園に送り、9時半ぐらいから仕事を再開するという暮らしです。
本日は、嫁が夜勤なので、本来ならば。私が子どもの面倒を見るのですが、状況を察した嫁が、実家に預けてくれました。
家族の協力を得て、編集作業は快調です?

備忘のために、現在の状況を。

デザインコンセプトは、コート紙の白を生かした、シンプルかつ落ち着いた傾向で。
使うカラーは、原則パステル系4色。
マットカラーのバックグラウンドは、必要最小限に。
文字ポイントは、当初は13Qを中心にと考えていたが、約100品を160Pに収め、かつ、写真が単調にならないレイアウトを考えて、ページ2品のページは、10~11Qで。
材料が10Qというのはちょっと小さすぎる気もするが、誌面の都合上、このぐらいが限界か?
もしかしたら、最後に再度変更しないとまずいかも。
2ポイントのグレーラインボックスレイアウトで、やや機能的な印象を演出。

あらかじめ、ページレイアウトで、台割りにしたがって、入力してみたけど、レシピの原稿っちゅーのは、文字数が、ばらっばらなんで、統一感を出すのが、非常に難しいです。

4P程度の雑誌原稿なら集中力が続くけど、160Pに統一感を出すってのは、なかなかデザインセンスが問われる仕事ですわ。
 ま、なんとかデザインの方向性が固まりつつあるので、あとはエイヤでやるしかないですな。 
スポンサーサイト

| DKL Works | 13:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cj01.blog95.fc2.com/tb.php/1128-b6e975c2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。