Dr.KINOKOYA Laboratory since 2004

サイエンス・デザイナーDr.KINOKOYAのAcademic Tips

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサー広告 | スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Powerpoint |  グラフの大きさはプロットエリアで揃える

さて、下準備はできました。では、グラフを揃えましょうかね?

ちなみに、グラフの大きさは、1枚のスライドに配置するグラフの数によって異なります。ここでは、1枚のグラフを配置する時の調整について。

データをずらーっと見渡して、Y軸の数値の桁が一番大きなものをまず基準にします。とりあえず、そのグラフを作って、雛形を作ってしまい、後は、そのグラフをコピペして、データだけ入れ替えてください。初めての場合は、最初に作ったグラフを、パワポに張ってみて確かめてみるといいかも。

実際に貼ってみるとわかりますが、パワポに貼り付けるグラフは、ちょっと横長に作った方がいいです。スライドには、上にタイトルがありますし、下にはフッターが入っていますので。

あ、そうそう。最初に、雛形グラフを作る時は、フォントとか、グラフの軸の色とか、よーく吟味して作ってくださいね。ぜーんぶグラフが出来上がってから、あー、フォントの色変えてぇ~とか、なったら、もう大変!えっちらおっちら、何度も何度も同じ手順を繰り返す羽目になります。

グラフ作りは、最初が肝腎!です。

ちなみに、グラフのフォントの種類、大きさ、色は、”グラフエリアの書式設定”の”フォント”タブでやってくださいね。あと、”自動サイズ調整”のチェックを外しておいてください。

グラフの雛形づくりのまとめ

1.大きさをチェック

2.フォントサイズ・色・種類調整(”グラフエリアの書式設定”の”フォント”タブ)

3.プロットエリアの調整(線の太さ・色・塗りつぶし)

4.軸の調整(線の太さ・色・補助メモリを内向きに)

 軸の線の太さは、プロットエリアより1段細めに

5.目盛線の調整(色・太さ)

スポンサーサイト

| Powerpoint | 06:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cj01.blog95.fc2.com/tb.php/1164-81397519

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。