Dr.KINOKOYA Laboratory since 2004

サイエンス・デザイナーDr.KINOKOYAのAcademic Tips

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサー広告 | スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Diary | 星が綺麗だね

本日、嫁が夜勤。
お昼ごはんが遅かったので、ちょっと遅めに夕食を作って食べさせた。
自分でおにぎりを作ると言い出したので、食卓でおにぎりを握らせて、中身は何がいい?と聞くと、「疲れた時は梅干がいいよね」と梅干をご所望。「酸っぱいけど美味しいね」と美味しそうにほおばる。
それからそそくさとお風呂に入る。
自分で頭も洗うし、身体も洗うので、一緒にお風呂に入っても、以前のようにドタバタとすることはすっかりなくなった。しかも最近は、頭を洗いながら、そのまま顔と身体を一気に洗うワザも身につけたので、すこぶる時間も早くなった。
お風呂の中で、浮かびながら歯の仕上げ磨きも終わらせると、もう8時過ぎ。
そこから、今日、ダイソーで買った100円のおもちゃの刀で戦斗ごっこ。
気がつくと、すでに10時。そろそろ寝ようよと誘っても、なかなか寝付かないし、例のごとく「ドライブ」をご所望。
嫁が夜勤の日は、いつもドライブに出かけて、車の中で眠ってから布団に寝かせるのが常。
なんとかドライブなしを提案してみたけれども、ドライブに行きたそうなので、あきらめてドライブに行くj事に。
外に出ると、肩車をした頭の上で「星が綺麗だね」と、わが息子ながら、まるでテレビドラマの演技のようなセリフ。
いつもながら、彼の言語感覚と感性には、感心させられる。
わずか3歳7ヶ月の子供であっても、その心的世界は、大人のそれと違わない広さと深さを湛えていると思わずにはいられない。願わくば、この感性がさらに広く深くなることを望む。というよりも、それを力強くサポートできる親でありたいと願う。

ドライブがスタートしてわずか15分。彼は深い眠りについた。
二の腕に感じる命の重さは、責任もさることながら、ただただ、喜びと感謝にあふれていた。
スポンサーサイト

| Diary | 03:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cj01.blog95.fc2.com/tb.php/1272-7dac34ea

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。