Dr.KINOKOYA Laboratory since 2004

サイエンス・デザイナーDr.KINOKOYAのAcademic Tips

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサー広告 | スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Diary | PC新調

ちゅーわけで、出稼ぎ中のきのこやですが、ただいまおニューのノートPCで書いております。
こちら

dynabook R731/W2MC 型番:PR7312MCSGBW

r73ct.jpg

OS 日本語 Windows® 7 Home Premium 64ビット 正規版
CPU インテル® Core™ i5-2410M プロセッサー (スマートキャッシュ 3MB、動作周波数2.30GHz)
Microsoft Office なし
メモリ 4GB(2GB×2)/8GB PC3-10600(DDR3-1333)対応 SDRAM、デュアルチャネル対応
※増設用の空きスロットはありません。メモリを増設する場合はあらかじめ装着されている2GBのメモリを取りはずす必要があります。
ディスプレイ 13.3型ワイド(16:9) HD TFTカラー LED液晶(省電力LEDバックライト) 1,366×768ドット
キーボード 87キー(JIS配列準拠)、キーピッチ:19mm、キーストローク:1.6mm
SSD/HDD 320GB HDD(5,400rpm、Serial ATA対応)
ドライブ DVDスーパー マルチドライブ(DVD±R 2層書き込み対応)
無線LAN インテル® Centrino® Advanced-N + WiMAX 6150 IEEE802.16e-2005準拠、 IEEE802.11b/g/n準拠(Wi-Fi準拠、WPA/WPA2対応、WEP対応、AES対応、TKIP対応)
外寸 バッテリーパック62AA装着時:約316.0mm(幅)×227.0mm(奥行)×18.3~26.6mm(高さ)
バッテリーパック92AA(オプション)装着時:約316.0mm(幅)×227.0mm(奥行)×18.3~42.8mm(高さ)

いやー、はじめてです。新品のノートPC。

これまで使っていたのは、同じくダイナブックですが、

DynaBook SS 2010 DS86P/2

ss2002.jpg
外形寸法(突起部含まず) 289mm(幅)×229mm(奥行)×14.9mm(最薄部)/19.1mm(高さ)

発売は2002年。数年前に5年落ちぐらいで購入。発売当時は28万円ぐらいでしたが、中古で2万程度だったかな?メモリを増設して1Gにして毎回出張に連れていっていました。でも、ワイヤレスLANはついてないし(カードで対応)、ハードディスクも40G。スペックでは今から見るとかなり見劣りしますわな。
もちろん起動も年々遅くなり、それでも、お年寄りに寄り添うような気分で、パワポやはてはイラストレータまで入れて使い倒してきました。

そこへ、うちの教授がノートPCを新調するというので、なんと買ってもらっちゃった。ま、このPCでやる仕事は、ほとんど教授の仕事ですから、作業環境を整えていただいたという意味もあります。
で、このPCですが、価格は8万円程度(Officeなし)。しかし、メモリは4G、ハードディスクは320GB、無線LAN、bluetooth、果ては、USB3.0まで。ちなみにCPUは、インテル® Core™ i5-2410M プロセッサー (スマートキャッシュ 3MB、動作周波数2.30GHz)。

さきほど、イラレの作業をやったんだけど、大学で使っているPCは、5年ほど前のIBMのマイクロタワー。当時は最新であった、pentium 4。しかし、時代の波には勝てず、1Gのメモリがひーひー言っております。しかも、今日作っていたあさってある講演会のポスターは、ちょっとだけドロップシャドウを使ったもんだから、オブジェクトをコピペするのに30分たっても、うんともすんとも言わない。ところが、このPCでやると、なんとか5分ぐらいでコピペできましたわ。てか、このPCでもコピペに5分もかかるというのは、一体どういうわけだ?

それはさておき、せっかくPCも新しくなったし、実は、密かに一番欲していたUSB3.0のインターフェイスも手に入れたので、外付けのHDDも新調した。

以前使っていたのはこれ

Transcend 250GB StoreJet2.5 mobile TS250GSJ25MTranscend 250GB StoreJet2.5 mobile TS250GSJ25M
(2008/03/31)
Windows

商品詳細を見る


落下に強く、しかも安かったので(それでも、当時16,000円)、非常に重宝しましたが、購入から数年、そろそろ寿命的にヤバいんではないかと思い始めていたので、新調したわけです。

で、これを購入。

シリコンパワー D10

SP640GBPHDD10S3B.jpg

500GB、しかも、USB3.0で、5000円を切る価格。ネットで調べた限り、2.5インチの外付けHDDでは最小です。実際に3.0につないでみると、確かに転送速度が速いようです。以前は、イラレの作業をする場合は、内臓HDDにファイルをコピーして作業をしていたのですが、この転送速度なら、トラブルもなく使えそうです。何よりも、膨大なファイルを持ち歩くことで、ふいに必要な画像などが必要になったときに、便利だと思います。実はこのモデル、1テラバイトの製品もあるのですが(現在、7980円!)、わずか3000円の差ですが、ちょっとだけ節約をしてみました。おそらく、仕事に使うファイルはそこまで大きくはないので。



いつも思うのですが、PCにしろカメラにしろ、ホント1年であっというまに、スペックは上がって、価格はものすごく下がりますね。
今度の日曜日にある保育園の運動会用に三脚を新調しようと考えていたのですが、私が求めるものはどうも3万円はしそうです。んが、たまたま、ビデオを見ていたら、型落ちのものは、3万程度で買えてしまう。もちろん、昔、ワタシが使っていた8mmビデオなんかに比べれば、はるかにすばらしい画質で、ポケットに入るサイズ。しかも、価格は恐ろしく安い。なんか、このテの商品を買う意欲というか、喜びというか、それが萎えていく気分です。

つくづく消費の喜びが失われた時代ですなぁ。ま、それでも、昨日のカメラのように、やっぱり喜びを感じさせる商品はあるのですが。
今の時代というのは、所有する喜びから、機能を楽しむ時代になったのかもしれませんね。いきおい、メーカのブランドイメージより、型落ちでもより安い商品を選ぶきのこやのような人間も多いのではないでしょうか。
ま、製品を使うという観点から見れば、その製品で実現させる内容を問うということで、正しい方向に向かっているのかもしれません。


スポンサーサイト

| Diary | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cj01.blog95.fc2.com/tb.php/1274-9cd2f6c4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。