Dr.KINOKOYA Laboratory since 2004

サイエンス・デザイナーDr.KINOKOYAのAcademic Tips

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサー広告 | スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Book | あんた、大切な人はおるね?

「その人の幸せな様子を想うだけで、自分まで嬉しくなってくるような人は」

久しぶりに映画を見た。PCで。
テレビで調度放送もしてたけど、移動中で見れなかったので。
フルで見れたので、テレビよりこっちが正解だけど。

悪人 スタンダード・エディション [DVD]悪人 スタンダード・エディション [DVD]
(2011/03/18)
妻夫木 聡、深津絵里 他

商品詳細を見る



出てくる博多弁(九州弁?)がリアルだということで、友達のまりんこに薦められて読んだ同名小説の映画版。


悪人(上) (朝日文庫)悪人(上) (朝日文庫)
(2009/11/06)
吉田 修一

商品詳細を見る


小説では、人吉出身と設定されたコもいるんだけど、映画では触れられず。
ま、それはいいんだけど、なかなかに面白い映画でした。調べると、公開時も人気だった模様。

深津絵里のなんともいえない幸薄げな演技が秀逸でした。
タイトルの台詞は、娘を殺された柄本明が、犯人に間違われた大学生に向けてつぶやいたもの。

大切な人がいるのだなぁ、と、この人生で心の底から思えたことが果たしてかつてあっただろうかと、一人自問自答してしまいました。もちろん、今は、大切な嫁と子供がいるわけですが。だからこそ、生きることに張り合いがあると同時に、失われる恐怖のようなものも、たまに頭をもたげてくる今日この頃です。
テーマは「人間の本質は善と悪」とwikiには書いてありますが、その本質としての善とは何か?が問題なわけです。
常々言っておりますが、善というか、価値というか、人生において大事な、minimumなもの、ことが何なのか、を考えさせられますが、結論は、この柄本明の台詞に集約されているように思えます。

ただ、そんな父(柄本明)に育てられた娘が、非業というより、やや当然と思われる死を迎えたことに、何か理不尽なというか、親の悲哀を感じてしまいます。

で、この映画を見ていて思い出した事件が。

ある殺人事件。
殺された女性は、旦那がいるにもかかわらず、複数の男性と交際し、おのおの数百万円単位の金を借りていたという。殺害した容疑者も、一説によると6~700万程度貸して(貢いで?)いたらしい。
という話を聞きました。

もちろん、ニュースでは、容疑者が悪い、ということで終了~、みたいなカンジですが、この裏話を聞くと、容疑者にも、情状酌量というか、悪い女につかまったのね・・・、という気にもなります。

映画に戻ると、幼いころに母に捨てられた犯人を育てた祖母(長崎の閑散とした漁村在住)に、多くのワイドショークルーが取り巻くシーンがあり、ステロタイプな放送が流れるシーンもあって、我々が日頃眼にする情報が極めて一面的であるという、ある種の批判を滲ませていました。

その点で広げると、本日、移動の途中で購入したこの本にも通低するものが。

政治家の殺し方政治家の殺し方
(2011/10/26)
中田 宏

商品詳細を見る


中田元横浜市長は、同い歳。そういうことで、私は昔から気になっていたんだけど、なんでも結構なスキャンダル攻撃にあったとか。知らなかったけど。顛末は、この本に詳しく書いてあります。

にしても、とてもいい映画だったのですが、若い独身女性は、見ないほうがいいかも、とかも思っちゃいました。というのも、ワタシだけかもしれませんが、こういう恋愛に感化されてしまうと、なんか、悪い人ではないけど、ダメな男に、妙に感情移入しそうな危険も感じてしまいます。堕ちていく男を、ワタシが救ってあげなくちゃ、みたいな、火中の栗を拾う衝動に駆られそうになるとか。そこまで、現在の女性はウブではないですかね?

にしても、九州人のワタクシからすると、九州の田舎に住んで田舎生活を満喫し、九州アツいぜ!みたいな感じでいるのですが、客観的に見ると、この映画が醸し出す、寒々としたカンジは、田舎の一面を的確に描写しているようにも思います。で、問題は、その寒々とした中に、どうやってぬくもりを見出すかっつーことですわね。

あんた、大切な人はおるね?







スポンサーサイト

| Book | 03:15 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

うう~む

大切な人、、、
改めて考えてしまった。。よ

この年まで独り身でいると、守るべき家族もいない・汗
(同居してる痴呆の母は、めんどうは診てるケド、とても大切な人では無い気がする!?←本音)

大切な人、、自分かな!?
何だか少し哀しくなりましたが、自分で選んだ人生と、性格でした。Oh~

あと、自分は田舎は嫌い。
都会の、他人をほっといてくれる距離感が好きです。
独身には、田舎は決して優しくないんだ。
どこにいても生きて行ける強さってのは、中々厳しく辛いもんだね。

センチになる、秋の日でした。

| SIN @人吉 | 2011/11/08 17:03 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cj01.blog95.fc2.com/tb.php/1275-42cc6a07

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。