Dr.KINOKOYA Laboratory since 2004

サイエンス・デザイナーDr.KINOKOYAのAcademic Tips

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサー広告 | スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Article reserch | Endnote がいつのまにか無料になっていました

さて、久しぶりに大規模な文献検索、整理作業をやっております。文献管理ソフトは、Mendeley一択のワタクシですが、なぜMendeleyを選択し、学生にも勧めているかといえば、やはり、無料というところがポイントです。

 なので、これまで管理ソフトの老舗、EndNoteは一度も使ったことがないのですが、なんと、いろいろとネットを渉猟していて、今年(2013)の4月から、Web版のEndNote basicが無料で利用できるようになったそうです。

 Mendeleyが学術誌出版の大手であるElsevierに買収されたらしく、Mendleyの勢力が俄然増してきたので、Endnoteもうかうかしてられないと思ったのではないでしょうか。ちなみに、EndNoteは、Web of science (Knowledge)のトムソンロイター勢です。なんだか、Web of Knowledge と Scopus の代理戦争みたいな様相です。

ちなみに、CiNiiは、すでにMendeleyと提携しておりますので、日本語文献管理を考えると、やはり、Mendeley一択という選択はまだ変わりません。

 で、試しに利用登録して使ってみましたが…。

 Mendeleyの方が、まだ一日の長がありそうです。インターフェイスもしょぼいし。
 ただ、ありがたいのは、エクスポート機能もついているので、取り込めないフォーマットのデータ(JDreamIII)をEndnoteで変換してMendeleyに渡せないかを思案中です。

Mendeleyは、検索機能が少々弱いらしいので、検索機能が充実していれば、Endnoteもアリなんですけど。
今後に期待です。
スポンサーサイト

| Article reserch | 14:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cj01.blog95.fc2.com/tb.php/1347-4dba5096

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。