Dr.KINOKOYA Laboratory since 2004

サイエンス・デザイナーDr.KINOKOYAのAcademic Tips

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサー広告 | スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Diary | 結婚

昨日の日記を読み返して思い出した。夕方、佐川急便に行くために農場を出ようとしたら、農場の入り口に赤ちゃんを抱えた男女の姿が。

怪訝に思って近づき、車の窓を開けると、そこにはウチの従業員の娘がニコニコとして「お久しぶりです」と声をかけてきた。

「幾つになった?」と聞くと22歳。赤ん坊は、1歳半だそうな。旦那は、半袖Tシャツの二の腕から、今風のタトゥが覗く、なかなかのイケメン。今は埼玉で暮らしているらしい。

確か、従業員たちの噂だと、いわゆるできちゃった結婚だったと記憶しているが、そんなのは全然関係ない。この暑い炎天下、キャップを目深にかぶった旦那が赤ちゃんを抱え、それを従えるように歩いてくる彼女の姿を見るだけで、「よかったじゃねーか」という気分が充満する。

このコとはあまり頻繁に会ってはいなかったが、ずーっと昔、多分彼女が中学生ぐらいのときだろうか、きのこ洗いのバイトをしてもらったことが何度かある。多分、顔を見るのは5~6年ぶりなんだろうけど、いやー、あっという間だよなぁ。時間は流れている。

特に、赤ちゃんが生まれているという光景は、何よりもその流れが強烈に意識される事態だ。自然とエネルギーが満ちてくるから不思議だよなぁ。まぁ、なんてったって世代が更新されたわけだからねぇ。生き物として、一番ベーシックで普遍的な様相を目の当たりにするのだから、インパクトも強いのだろうね。てか、当たり前のことであれば、そう感動もしないはずなのだが、やはりヒトという生き物にとっては、世代更新という作業が、一生のうちの、ごく一部の期間にしか起らない事態だから、あたりまえの光景ではないのかもしれない。

生物にとって基本的でありながら、滅多にない事柄。

他の生き物はどうだろうか?

世代を更新した瞬間に生を全うする生き物は結構いるな。きのこもそうだ。きのこの世代交代とは、すなわち胞子を飛散させるということで完結する。胞子を飛散したきのこは、自動的に自己消化過程が作動し、徐々に自信のたんぱく質を溶かし始めて土に還る。

虫なんかもそうだな。事例が思いつかないけど。動物はどうだろうか。ネコや犬なんかは、毎年のように子供を産んでいるな。幼少年期を過ぎれば、ほぼ世代更新に邁進ってカンジか?

やはりヒトを除く生き物は、世代更新が基本的な存在様式のように見える。てか、唯一の生きる目的みたいなもんだなぁ。

ま、異論は多々あることは承知で、私は、ヒトの存在意義も世代更新であると考えている。で、こんなことを言うと「女は子供を生む道具ではありません」なんちゅーことを言われたりするのだが、別に子供を生むことは、男のために、あるいは百歩譲って人類のために、女に犠牲を強いるものではないと思うのだがなぁ。恐らくこの考えの根底には、女だけが出産によって人生の楽しみを制限され、搾取されているという意識が働いているのだろう。ただ、それは個別の男女、あるいはイエにおける社会心理的事象であって、ここで私が言おうとしているのは、もっとメタレベルでの議論だ。

話が横道にそれてしまった。

つまり、私は、ヒトも生物の一部であるのなら、そこには普遍的な存在意義があるのではないか、と言いたいだけだ。何故こんなことを考えるかと言うと、私の人生のテーマは、「ヒトとは一体いかなる生き物なのか?」「幸せに生きるとは、どう生きることか?」だからだ。つまり、今、生きるのが辛いわけですよ(笑)。

程度の差はあれ、誰しも人生を辛いと感じているのではないか?その解決法は十人十色だと思う。ま、私がいつもここで、意味があるのかないのかよくわからん駄文を書き連ねているのも、その解決法の一つだ。

で、その辛さを和らげるモノの考え方に、生物をお手本とした目的論もあるのではないのかと考えているわけですね。

スポンサーサイト

| Diary | 12:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cj01.blog95.fc2.com/tb.php/458-f86bc643

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。