Dr.KINOKOYA Laboratory since 2004

サイエンス・デザイナーDr.KINOKOYAのAcademic Tips

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサー広告 | スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Music | 洪水

いや~、音の洪水に酔いました。2時ごろ、ぼけぼけと出かけたきのこやは、なんちゃってスタッフになるべく、スタッフ証だけ貰って、リハを聞いておりました。空腹にビールが染みたのか、3時ごろには、暑い陽射しとアルコールでへろへろ。スタートする頃には、持病の頭痛まで出る始末。50分押し(笑)で5時半過ぎにスタートしたライブは(3時半から5時までは無料前座ライブ)、結局11時過ぎまでおこなわれたようでした。ようでしたっつーのは、頭痛がピークに達して吐き気まで催してきたので、途中で帰っちゃったからです(涙)。

にしても、今年のライブは、2000円の価値は十二分にありましたね。

オープニングを務めた、DSD(Deep South Drunkers:人吉)、ボーカルが多良木町出身の、コーガンズ(博多)。球磨ロック常連、とても大学生の音とは思えない大五郎(熊本)。しなやかな腰の動きに、会場中の男どもがぞろぞろと前へにじり寄ってきた、ベリーダンスグループ、キャラバンカーニバル(宮崎)。東芝EMIからメジャーデビューした東田トモヒロwith大五郎。昔懐かしい旋律が郷愁を誘うちんどんや、花吹雪一座。中身はただのオッサン、しかし、さすがのキャリアを誇る、ギターパンダこと山川ノリオ(ドラムは、うんばば中尾でした)。そして、昨年、球磨ロックを熱狂に包んだ、ビッグ・ジョン・テンタ(水俣)の合計8バンド。単純計算で、1バンドあたり250円(笑)。こりゃ安いですぜ、奥さん。

さすがに、どのバンドも場数を踏んだエンターテナーばかりなので、客を楽しませる力量は、ハンパじゃない。前のバンドよりもさらに盛り上げるべく、1曲目からがんがん飛ばします。これがプロの仕事ですな。演奏が上手いのはあたりまえ。何よりも、自分たちの音楽を初めて聞くであろう聴衆を、自分たちのステージに釘付けにするパワーには感服しました。

こめかみに指圧をしつつ聞いていたきのこやは、ビッグジョンのスィングに揺られながら山への道を飛ばしました。空には、丸い月が煌煌と輝いていました。

f:id:kinokoya:20050920133357j:imagef:id:kinokoya:20050920133501j:imagef:id:kinokoya:20050920133550j:imagef:id:kinokoya:20050920133700j:imagef:id:kinokoya:20050920133749j:imagef:id:kinokoya:20050920133846j:imagef:id:kinokoya:20050920133953j:image

スポンサーサイト

| Music | 13:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cj01.blog95.fc2.com/tb.php/501-49aaf6fb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。