Dr.KINOKOYA Laboratory since 2004

サイエンス・デザイナーDr.KINOKOYAのAcademic Tips

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサー広告 | スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Diary | 折り返し

ここのところ完全に夜と昼が逆転し,さらに一回りして,本日は6時~20時まで作業.あ、気がつくと論文の作法に右手がなっている(笑)。いや、句読点を論文の場合,カンマとピリオドにするもんで。

昨日は、ようやく過去のデータとグラフの切り張り作業が最後まで到達し、なんとか形にまでなり、後は推敲と引用文献の挿入、それから難関の英文サマリーを残すまでとなった。んで推敲は疲れていたので後回しにして、引用文献の挿入作業に。

んが、はまったねぇ。結局丸一日かかってしまった。引用文献はデータベースから引き出してきた書誌情報や自らの手で入力したものがフリーソフトの文想というやつにいれてあるのだが、こいつがフリーのわりにはスグレもので、ワードとの連携機能を持っていて、文章中に文献IDを挿入しておくと、自動的に連番を振ってくれて、文末に一覧を作ってくれる。かつては一字一句手書きしていたものだから、そういう意味では強力なツールだ。

論文というやつは文献を多数引用するのだが、推敲すれば当然引用文献も増えたり減ったりする。その都度、アタマから振ってある引用文献の連番を書き換えたりする作業は、考えるより面倒な作業で、このテのソフトは論文書きには必須だ。

がしかしこのソフト、データベースに不備があったりすると容易に止まるのよね。最初の論文を書いたときも、書誌情報の記入漏れがあり何度も止まった。それを解決するのにかなりかかったのだが、今回もやっぱりハマってしまった。あーでもないこーでもないと格闘すること丸一日、ようやく動いた。一時は、文章が大きすぎてフリーズするのかとか、文献データベースが大きくなりすぎたのか?とかいろいろ考えたが、結局話は単純で、データベースにないIDを論文に挿入していないだけのことだった。

普通だったら、止まったところで、「データベースにないID番号が挿入されています」なんてエラーメッセージが出てくれてもよさそうなもんだが、そういう機能はこの子にはないのね(涙)。だから、問題箇所を特定するのに、えらい遠回りをしたわけだ。ま、解決したからよかったけど。これで心おきなく、推敲がやれる。

さて、アタマを英語に切り替えて、これからサマリーだ。

スポンサーサイト

| Diary | 03:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cj01.blog95.fc2.com/tb.php/530-18fff550

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。