Dr.KINOKOYA Laboratory since 2004

サイエンス・デザイナーDr.KINOKOYAのAcademic Tips

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサー広告 | スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Foreign country | そして感謝

一夜明けた。昨日の帰り道は辛かった。眠くて眠くて。そりゃそうだ、日曜日から欠かさず飲んでたし。ずっと昼過ぎまで寝ている生活が、月曜日から、ちゃんと起きていたからね。一日中、誰かと話をしたりしてたわけだし。多分、1か月分の頭脳を使ったよ。

で、昼を大幅に過ぎた3時半、中国に出張中の社長から電話。

「明日帰国して、そのまま入院したいので、病院のセッティングを頼む」。

入院は想定してなかったなぁ。

昨日の日記には書いてなかったけど、実は、昨日の午前中、「社長が中国でケガをしたので、20日に帰国する時に、福岡まで迎えに行ってほしい」という電話を受けていた。福岡まで迎えに行くのは、いつものことなので、なんてことはない。気になるのは、病状。ま、飛行機で帰ってくるっつーぐらいだから大丈夫かな?とは思っていたのだが、入院とは。

急いでいつも頼ってばかりのねえさんに電話して、病院は即座にオッケー。ねえさんありがとう!!

と、次は、ウチの若いのから、社長から出張前に頼まれていた案件を相談してきた。えーい、こんなときにどいつもこいつも(笑)。内容を聞いて、ルートを持っているだろう社長にすぐ電話。二つ返事で引き受けてくれた。結果は明日。

気がつくと事務所で一人だった。

ここのところ、テンションが高かったので、その名残でテンションが高い。心なしか心拍数も上がっている。

受話器を取って、弟に電話。実は、弟は会社の業績が思わしくないので、福岡でアルバイトに勤しんでいる。いや、帰ってきて欲しいとかそういうのじゃなくて、昨日からあまりにもたくさんの想いが巡っていたので、気持ちを整理したかったのと、少しでもいいから、気持ちの重荷を持って欲しかったのだ。

「ちょっと、声が聞きたくてさ」と、私は電話を切った。


思えば、あんなにもテンションが高かったのは、昨日の、そしてこれから進行するであろういろいろな問題解決に立ち向かわせるために神様が用意してくれたものかもしれない。もしも、例のようにボケボケのテンションで昨日の電話を受け取っていたらどうだっただろう。もしかするとパニックに陥っていたかもしれない。なんとか、それを受け止めて、生産的な思考を持たせるために、あらかじめテンションを上げてくれていたのではないだろうか。


ありがと、神様。


って、こんな風に考えないと、やってられないよ。

あ!そういえば、月曜日までに学位論文の加筆をしなければならなかったのだ!!

忘れてた(笑)。

えーっと日にちは・・・・。

わはは、ほとんどないよ。ばっくれるかな?

おとといの夜、H氏は、「そろそろ爆発して、オヤジをラクにしてやれ」と言った。できない言い訳は100種類ぐらい用意できる。が、それもそろそろ終りにしろということかな?

大きく流れが変わりそうな気配は、やはり変わっていないようだ。それが私にとって良いことなのか、それとも悪い結末に向かっているのか、それは今はわからない。

スポンサーサイト

| Foreign country | 18:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cj01.blog95.fc2.com/tb.php/585-050a5119

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。