Dr.KINOKOYA Laboratory since 2004

サイエンス・デザイナーDr.KINOKOYAのAcademic Tips

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサー広告 | スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Diary |  ヘルプ

で、実は福岡のホテルで寝てから帰ろうと思っていたのだが、こういう時に限ってヘルプの電話が入ったりするのが世の常人の常(笑)。友達のSちゃんが新しいパソコンを買ったらしく、ネットワークの接続ができないので助けて~とのメールを貰っていたのだった。で、出発前に電話で確認をしたら、やっぱりできていないらしい。

明日生きているどうかわからないきのこやは、こういう人様からの助けてコールをほったらかしにするのは、何故か不得意である。頼まれたら即座に解決!というのがポリシーというか、性格なので、帰ることを決意。とりあえず高速に乗った。

んが、久留米を過ぎたあたりで、眠くて眠くて眠くて眠くて、結局広川ICで2時間も寝てしまった(笑)。車ではあまり眠れないきのこやが、2時間も寝たっつーことは、やはりかなり疲れていた証拠である。到着したのは、深夜12時過ぎ。

で、勝手知ったる他人の家。ずかずかと上がりこんでパソコンを見る。

きゃ~、新しいピカピカのダイナブック!いいなぁ、お金持ちは(笑)。で、ワクワクしながら、Sんちゃんに買ってからの作業を聴取。ふむふむ。で、とりあえずルーチン通りの手順を試みるが、確かに繋がらない。はいはい、こういう時は、説明書をキチンと読みましょうね。なるほど、内臓ワイヤレスLANのスイッチがあるらしい。これは初めて聞いた。んでポチっと押して手順を見ながら設定。はいはい、さきほどきのこやがやった手順が書いてあります。はいはい、ネットワークが見えました。はいはい、繋がりました。


終了~~~~~~。(笑)


この間およそ5分。俺って天才?いやいや、普通に説明書見ながらやっただけですから。でもね、実際問題として、機械に慣れていない人は、説明書の文言が目に入っても、その意味するところがわかんないんですよね。だから、読んでいるようで読んでいない。

ちょっとカッコよく言うと、シニフィエが伝わっていないんだよね。

これって科学にも通じますね。

現象は見えている、しかし、その現象の意味するところがわからない。さらには、その現象の意味するところが、その他の一連のプロセスの中で、どう位置づけられ、どのような機能を担っているのかが見えない。

すなわち、現象と解釈が乖離しているわけです。

今回の例で言えば、マニュアルに書いてあることが、読む人に伝わらない、逆に言えば、読む人に伝わるように、マニュアルが書かれていないというわけです。技術者は往々にして、「解るものだ」を前提にマニュアルを書いてしまいます。でも実際は、解らない人には解らない。その人々に解らせようという努力を怠っているわけですね。

これ論文にも言えます。実験者は当事者なわけですから、そのデータが何を意味するかは大体つかんでいます。きのこやのように半分素人の場合、意味が解ってない場合もありますが(笑)。ところが、それを読む人は、その実験の意味がわからない場合がある。今回のきのこやの学位論文についてK教授が指摘したのは、まさにこの点でした。「オマエはわかっているのかもしれないが、この実験を選択した意義が、文章には書かれていない」という点です。まさに、技術者が書くマニュアル状態(笑)。本来、論文というものは、他人を説得するためのものですが、その、他人に伝えよう、説得しようという努力が足りなかったわけですね。こういう部分を優れた査読者は指摘するわけです。さらには、「見えている」査読者の場合は、実験者が気づかない意味を見出してくれることもあります。

ある論文の考察に戸惑っていた時、T医科大のW教授は、書きかけの論文をさらさらと読んで、薬理学の教科書を取り出して、「ふむふむ、ここだね」と言って、ある図を指し示しました。「オマエの実験は、おそらくここに関連している。だから、ここに焦点を当てて、(中略)、こういう風に考察してみ?」。

この間わずか15分。

まるで魔法を見るかのような体験でした。

先生カッコいい~~~~~!抱かれてもいい!!ってなぐらいの鮮やかさでしたよ。

ま、この程度できなければ教授やっている資格はないけどね(笑)。

で、フィールドは違うものの、今回のマニュアル問題にも同じ構造が見て取れるわけですね。

ま、パソコンのマニュアル程度で手間取っているようじゃ、学位論文なんか書いてはいけませんってことか?わはは。

スポンサーサイト

| Diary | 17:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cj01.blog95.fc2.com/tb.php/587-23e81dda

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。