Dr.KINOKOYA Laboratory since 2004

サイエンス・デザイナーDr.KINOKOYAのAcademic Tips

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサー広告 | スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Diary | 書けない・・・

僕の会社の命運を分ける、大事なイベントが今日あったんだけど、これはちと書けない(なら、思わせぶりなこと書かなきゃいいのに)。んで、内容はおいといて。

昨夜、大学時代の友達から、珍しく電話。不思議なもんで、なんか落ち込んだときとか、緊張している時に、友達から電話があることがある。明日に控えた、大勝負の件を伝えると、「頑張れよ」と励ましてくれる。ありがたい。今日はゆっくり眠れそうだ。

朝、予定より早く目覚める。早速スーツを着て、事務所に行くと、すでに社長がいない。社長は、朝、近所の朝市に顔を出す趣味があるので、いつものことだろうと思っていたら、ぎりぎりの時間になっても帰ってこない。こりゃ、先に行きやがったな、と、自分の車で山を降りる。案の定社長は来ていた。曰く、「別々に行くつもりやったとやろ?」。出た。勝手に自分で解釈して行動するパターン。一言、どうするか、ってのを相談すれば良いものを。で、、今度は叔母に叔母はどうやって行くのか、と聞くと、「聞いていない」だと。大事な日だから、家族全員で行くぞと再三言っていたはずなのに。いろいろと言い訳をしていたが、朝から口論をするのはいやなので、「もういいから」と無言で山を降りる。

どーしてこうも、うちの家族ときたら、大事な時に一丸になれないものかねぇ。典型的な我田引水、自分勝手発想。まぁ、こんなもんは今日に始まったことではないので、イライラしてもしょうがない。今はただ、1時間半後に控えた、僕の出番に集中するだけだ。

初めての、そして、恐らくは人生最大に近い大勝負。2時間半の攻防は、思ったよりも淡々と進んだ。こうやって、いろいろな経験を積みながら、人は経験値を積み上げていくのだろうな。午後は、社長。1時間半後で見ていたのだが、自分以上に緊張する。

夕方5時、全てを終えて緊張から解かれた僕は、誰かのねぎらいを求めていたのかもしれない。現場近くの知人に電話「コーヒー飲ませて!」。15分ほどコーヒーを飲みながら、雑談。少し、テンションが下がり眠くなる。引き続いて、知人のちゃわんやの工房へ。今日の顛末を、面白おかしく報告。ちゃわんやの彼女が入れてくれるリアクションが、なんか救われるかんじだ。お好み焼きに誘ってくれたので、そのままいつものお好み焼き屋に直行。9時に戻ってきたのだが、そのまま爆睡した。

最近家族、というよりも、彼女について考える。具体的にではなく、どういう彼女あるいは奥さんを僕は求めているのか、と。共感とやすらぎ、なのかなぁ。

得てして、危機的心境にあるとき、人は、指示的になる。指導的というか。僕もそういうきらいがあるんだけど。でも、本当に切羽詰った時、必要なのは、具体的な戦術の教示ではなく、まずは、切羽詰った心境に共感し、それに直接触ることなく、ずらす、あるいは包むさりげない行動なのかもしれない。

半分自戒の念を込めつつ。

スポンサーサイト

| Diary | 00:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cj01.blog95.fc2.com/tb.php/59-e88fb386

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。