Dr.KINOKOYA Laboratory since 2004

サイエンス・デザイナーDr.KINOKOYAのAcademic Tips

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサー広告 | スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Book | 明日は

お勤めなのでしょうかねぇ。なーんの予兆もないまま、待ち続けております。

今、テレビであいりん地区のホームレスのニュースをやっている。

40~60歳でホームレス。

仕事もないのに、生きている私の明日はどうなるのでしょうかねぇ。

将来に対するビジョンがま~ったく見えない。

もの書きにでもなれたらなぁと思いこの本を読んでみた。

すぐに稼げる文章術 (幻冬舎新書)

すぐに稼げる文章術 (幻冬舎新書)

  • 作者: 日垣隆
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2006/11
  • メディア: 新書

日垣隆好きなんだよなぁ。その実も蓋もないというか、がつんと真ん中を突いてくる議論。

この本は、ま、文章マニュアルみたいな本だけど、いくつか感じたことを。

「全力投球しない」

 ええ、ありがちです。私。自分の力の120%で仕事をしようとしてしまいます。だから疲れる。楽しめない。論文なんかも、ついつい自分の知識を超えたものを構想してしまうので、考察でコケる。ま、その反動だからか、プライベートはいたって怠惰。てか、好きなことも、やりたいこともあんまり思い浮かばないからねぇ。死んでます。

「論文は形」

 激しく同意ですな。てか、確か前に私も書いた。形式が決定されている論文を書くのは、作文技術という点からは、エッセイを書くよりも簡単だ。形式と論理のみで出来上がっているのが論文。エッセイには、そこに新しい視点と表現が必要だ。しかし、そこにもベースには論理が無ければ説得力がなくなるわけで、文章修行の第一歩として論文(あるいはレポート)の執筆は筆を磨くのに格好の素材と思う。ところが、このレポート作成技術。少なくとも私は体系立てて習った覚えがない。ウチの学生の論文を読んでも、教えられた形跡が見られないんだよな。

 この本の中で、論文ではないものの、悪文と筆者が見る文章をいくつか挙げている。なんとなくそう言われればわかるのだが、「そうそう!」というところまでは見えない。まだまだ、私の文章を見る目が低いということだ。

「1本あたり最低本棚1本」

 1本の単行本を書くのに、少なくとも本棚1本(300冊ぐらいか?)を読まないと書かないそうだ。ま、世にある全ての単行本がそうではないのだろうが、彼の場合はそれを己に課しているそうだ。すごい。ちゅーかこれがデフォルトと考えて差し支えない。ものを書く行為とは、正確には、ものを書いて食う行為とは、こういう世界であるということだ。特殊技能だなやっぱ。

「1万時間」

 「プロとして金を取るには、何事も1万時間は取り組まなくてはならない」という誰かの発言を援用しているのだが、これもそうだよなぁ。例えば、1年365日、毎日8時間ギターの練習して3年半で一人前、というかプロの入り口に立てるということだ。えー、私の場合、最近は毎日ギターを握らないので、仮に週に1時間とすると、192年ですわ。死んでます(笑)。仮に文章修行とした場合、毎日ブログで2時間文章を書いたとして、13年半。55歳でデビューか。道は遠い(笑)。

 私の仕事はどうだろう。この山に来て、丸13年が過ぎたなぁ。一回りして、今年はある意味散々な年だったなぁ。かろうじて出稼ぎで助けられているものの、それも右から左に支払いに回されているし。ダッチロールのようにあちこちに手を出すものの、何一つ形になっていない。出会いと別れ、出会いと別れみたいな感じで、新たな出会いに対して「どうせまた」という気分が蔓延している。

 あ、話がそれた。さて、きのこの仕事だが、私の仕事は多岐にわたる。企画書書き、決算書の作成、営業、栽培の現場仕事、各種チラシ作り、研究の真似事、借金の謝罪・・・・。ま、それぞれ、平均すると1日2時間づつ程度は首を突っ込んでいるので、どれもプロの入り口には立っているのだな。借金の謝罪はかなりプロかもしれない(笑)。とすると、企画屋、経理屋、栽培指導、印刷屋、研究者のふり、謝罪屋、どれにでもなれそうだぞ。よし、来年はどれで行こうかなぁ。最も自給が高そうなのは・・・・。正月の楽しみにしておこう。

 あなたの1万時間を費やしたモノは何ですか?

スポンサーサイト

| Book | 18:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cj01.blog95.fc2.com/tb.php/823-8e3817c3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。