Dr.KINOKOYA Laboratory since 2004

サイエンス・デザイナーDr.KINOKOYAのAcademic Tips

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサー広告 | スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Diary | お客様道

ちゅーわけで、福岡日帰り。継続中の販売関係の会議。

いや~、メタメタ。

一言一句ダメ出しされている感じです。

ほとんどパンチドランカー状態(笑)。

見かねたのか、当のコトバの本人が、

「帰り、運転気をつけてね」と声をかけてくれましたが。

ひどい顔してたんでしょうね。

帰りの高速は、フラフラでしたよ。

「神は細部に宿る」とは、私がよく引用する言葉。

てにをは、の一文字たりともおろそかにしてはいけない、という事を叩き込まれています。

言われていることを整理すると、要するに「道」であるということに気がついた。

「まごころ道」

「お客様道」

「物売り道」

つまり、技術=スキル=ノウハウ=方法で仕事をするな、心=魂=気合で仕事をしろということを言っているのだ。

やっべー、これきのこや一番不得意な分野じゃん!(笑)

ええ、きのこや、氷のように冷たい人間なんですよ。

他人の心どころか、自分の心さえもわからないんだもん。

まさに、人格改造セミナーに通っているようなもんですな。

ま、おたく系人間っつーのは、フェティシズム(物神崇拝)のケが強い人種なわけで、人の心を推し量るのや、自分気持ちをアピールするのがヘタな人種ではないでしょうか。で、きのこや、このケが強いと思われます。

だから、音楽についても、歌詞つき、つまり心や意味が付与されたものよりも、インスト、つまり演奏技術を楽しむものの方が好きなわけですよ。さらに、インストでも、マイケル・ブレッカーや、パット・メセニーなどの、演奏技術天下一品系が好きなわけで、インスト好きなジャズファンの間でも「あいつらは、楽器が上手いだけで、魂の叫びがない」とか言われる類のミュージシャンが好きなわけですよ。

いやー道は遠いですな。てか、道あるのかね?

意味から強度へ、愛から快楽へ、なんちゅーのが好きなきのこやに、果たしてお客様道が習得できるのでしょうか?

ソニー・ロリンズでも聞けってことかな(笑)。それとも、ローランド・カーク?

スポンサーサイト

| Diary | 18:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cj01.blog95.fc2.com/tb.php/892-31d1e9d0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。