Dr.KINOKOYA Laboratory since 2004

サイエンス・デザイナーDr.KINOKOYAのAcademic Tips

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサー広告 | スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Essay | 香織にハズレなし

香織という名前にはなぜか思い入れがある。ま、昔好きだった女の名前ってだけだけど。で、その印象が強いんだけど、他にも何人か、香織(漢字もこのままね)って女の子が知人に何人かいて、幸運にも、みんな美人である。で、ある時友達と話をしていて、「香織って名前の女には美人多いよなぁ。香織にハズレなし!(笑)」と、それぞれの記憶を背景に意気投合していた。と、それを横で聞いていたソイツの彼女が、「でも、私の知っている香織って女の子は、みんな性格悪かったですよ」と、反論した。彼氏が目の前で嬉々として別の女の話をしているから気分は悪かったのだろうが、ちょっとだけ、場の空気が澱んだ。

で、件の香織ちゃんの話だが、ある時飲みながら話をしていて、「ブスは性格が悪い!」という話をしだした。仕事で何かあったのだろうが。それがきっかけかどうかわからないが、それ以来、美人とブスの性格傾向を意識して見るようになった。まぁ、どこで美人とブスの線引きをするのか?というesthetique(美学的な)な議論はあるのだが。要するに個人的で恣意的な線引きしかないんだけどね。だから、僕が美人と思っている人を、他人が美人と思うかというとそうでもなかったり、その逆もあったりする。それはおいておいて・・・。

で、毎度の毎度の結論の先取りだんだけど、個人的な体験でモノを言うと、美人と話をするのは疲れないってことだ。それは、こちら側がやる気まんまんで(どのヤル気だ?(笑))、バイアスがかかっているからって言う人もいるだろうが、そうではなくて、ニュートラルに話ができるってことだ。さばさばしてるというか。変に気を使わなくていいというか。

言い古されたことであるが、こういうことである。美人に生まれた女の子は、小さいときから沢山の承認を得て育つ。それが自信になり、自分なりの個性を伸ばす方向にステップアップしていくのだが、ブスの場合は、承認が少ないことが多く、そこにある種のコンプレックスが生じるようだ。だから、何気ない発言に反応されたりして、面食らうことがある。こちらの意図なり、場の空気なりを読まずに、自分のコンプレックスに引っかかった部分に固執して、会話を捻じ曲げたり、空気をかき回したりする。そういう経験を積むと、こちらもバカではないので、そこを避けて会話を運ぶようになるのだが、これが意外と疲れるのだ。

まぁ、女性の視点でいうと、これこそが男の傲慢というか、女性蔑視の根っこだとかいうんだろうけどね。まぁ、そういう部分も多分にあるかもしれない。だから、男ってバカなのよ~、とか、今この文章を読んで、つぶやいている人もいるかもしれないね(笑)。

で、「香織は性格が悪い」とのたまった彼女は、正直、美人ではないな。てか、その発言以来、僕の中では空気の読めないバカというレッテルが貼られてしまった。それまでは、美人ではないけど、いい雰囲気の女性だなぁと思っていたんだけど。

ところで、でも、コンプレックス抱えた、「一見」美人って結構いるじゃん?と反論したくなったアナタ。ええ、アナタは正しいです。でもね、私の定義では、それはやっぱ美人には入らないのですね。逆にね、容姿にあまり恵まれていない女性の中にも素敵な人はたくさんおりますよ。ん?少しかな(笑)?

ま、この日記を読んでいるような、スマートでちょっとばかしマニアックなアナタは、決して「香織って名前の女は性格が悪い」なんて思うブスではないでしょうから心配ないでしょうけど。

スポンサーサイト

| Essay | 00:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cj01.blog95.fc2.com/tb.php/93-b2ea7054

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。