Dr.KINOKOYA Laboratory since 2004

サイエンス・デザイナーDr.KINOKOYAのAcademic Tips

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサー広告 | スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

出稼ぎ | 捏造の捏造の捏造?

段ボール肉まん:スクープ報道は「やらせ」 北京テレビが謝罪「アルバイトが指示」

 【北京・大塚卓也】北京市内の露店で使用済み段ボール紙と豚肉を混ぜた具を包んだ肉まんが販売されていたとされる問題で、これを「スクープ報道」した北京テレビは18日夜のニュース番組の中で、「やらせ報道」だったことを認め、「悪質であり、社会的影響を与えた」として視聴者に謝罪した。

 中国食品の安全性が世界的に問題視される中、「段ボール肉まん」が販売されていたとの報道は、日本のメディアや米CNNなどで大きく伝えられ、懸念をさらに高めた。だが、中国の首都のテレビ局による捏造(ねつぞう)と分かったことで、中国マスコミのモラルも問われることになりそうだ。

 同夜のニュースによると調査の結果、テレビ局のアルバイトがひき肉と小麦粉、段ボール紙を自ら持ち込み、出稼ぎ労働者4人に「段ボール肉まん」を作るよう指示。自ら様子を撮影していたことがわかった。

 北京テレビの“特ダネ報道”では、露店主は段ボール紙を劇物のカセイソーダ(水酸化ナトリウム)の溶液に浸し、さらに煮込んで柔らかくした上で豚肉と混ぜ、段ボール紙6、豚肉4の比率で肉まんの中身にしていた--という。警察当局やテレビ局が調査を進めた結果、「やらせ」が判明した。

毎日新聞 2007年7月19日 東京朝刊

 ミートホープの社長も良心的に見えてしまう、ダンボール肉まん事件。

私は、個人的には、「究極のリサイクルで食糧問題もこれで解決!」と笑っていたが、これが制作会社の捏造らしいとの報道。

 ん~、にわかには信じがたい。

 来年の北京オリンピックに向けて、北京の露天の食事(あるいは、中国の食全体)に安心感がないという風評が残ることを懸念した中央政府の火消しに見えてしょうがない。

 大体、あんなレシピどうやって考えたのよ?食の安全に捏造で警鐘を鳴らすならば、別に期限切れのくず肉でも良いではないか?

 あ、中国では、肉の期限切れって概念がないのかな?(笑)

 それにしちゃ、中国の輸入食品に対する表向きの検査は厳しいですよ。

 ちなみに、ブロードキャスターで、玉村豊雄が、「リサイクルでいいじゃない?」と、私と同じ感想を述べていたのには、驚いた。ま、冗談なんだろうけど、田舎に住むと、このテのブラックなユーモアって言いたくなるのよね。

 なんちゅーか、都会的清潔文化の脆弱性をカラダでわかっているというか。

 少々のことでは、人は(生き物は)死なない、っつーことを体感している。

 ま、捏造であろうがなかろうが、中国人の商魂は、ある意味学ぶべきところがあります。

スポンサーサイト

| 出稼ぎ | 02:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cj01.blog95.fc2.com/tb.php/933-15e202f2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。