Dr.KINOKOYA Laboratory since 2004

サイエンス・デザイナーDr.KINOKOYAのAcademic Tips

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサー広告 | スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Family | 問いを立てる

 よく学生に「勝て!」と言います。一体、何に勝つのかわかりませんが(笑)。

 そんな中、こんな本を発見。

勝つための論文の書き方 (文春新書)

勝つための論文の書き方 (文春新書)

おほほほほ。好きです、こういうタイトル。

筆者は、共立女子大のフランス文学かなんかの先生かな?かつての文学部は、小説家予備軍みたいな、一種の小説オタクみたいな学生がいたそうですが、現在は、フランス語の勉強のために、といった学生が多く、「小説?一冊も読んだことがありません」という学生の方が多いそうな。

 いや、どっちがいいというわけではありませんけどね。

 さて、そういうどこから手をつければいいのかわからない学生さんに、卒業論文なるものを執筆させてきた経験から得られた、彼なりの論文技法を紹介したものですが、通常の卒論スキル本とは、1枚も2枚も違った切り口でなかなか面白いです。

 これから文献検索をしよう、とか考えている3年生は、一度目を通しておくといいですよ。

 私もまだ冒頭しか読んでいませんが、「良い問いを立てる」、という部分は、ためになります。

 ちなみに、文系の話ですが、理系でも構造は同じですから。いや、むしろ、文系でも卒論には、論理性がいるんだとちょっと新鮮でした。

 ちなみにちなみに、きのこやの学部(文学部です)の卒論は「乳幼児の自我について」というものでしたが、これ、もうタイトルからしてダメダメですね(笑)。内容はもっとダメダメで、精神分析理論(対象関係論、自我心理学あたり)の自我発達の考え方を時系列に並べただけで、そこには何の考察も、新機軸もありませんでした。

 当時、こういう本を読んでいたら、もっと良い卒論書けたのになぁ。卒業から20年経って、後悔先に立たずです。

 これから卒論を書く人は、私のような失敗を繰り返さないように(笑)。

スポンサーサイト

| Family | 23:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cj01.blog95.fc2.com/tb.php/961-cfa6ce98

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。