Dr.KINOKOYA Laboratory since 2004

サイエンス・デザイナーDr.KINOKOYAのAcademic Tips

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサー広告 | スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Science Design | デジカメデータのワークフロー

クラウドだかなんだか知りませんが、スマホを弄ぶようになってから、デジカメ周りのワークフローが様変わりしてきております。知らないうちに、Google+にスマホの画像が非公開ながらアップロードされてるし。ま、多分、采shの設定の時に、同期をせんたくしているからでしょうけど。

本日は、現在進行中ながら、ここ数日で大幅に変更したデジカメ周りのワークフローを書きとめておきましょう。

まずはカメラ。
Wifi搭載機種にしました!と、言うことで、出たばかりのMicroフォーサーズのこれ!

Panasonic デジタル一眼カメラ ルミックス GM1 レンズキット 標準ズームレンズ付属 オレンジ DMC-GM1K-DPanasonic デジタル一眼カメラ ルミックス GM1 レンズキット 標準ズームレンズ付属 オレンジ DMC-GM1K-D
(2013/11/21)
パナソニック(Panasonic)

商品詳細を見る


現在、ミラーレス一眼で最小!ポケットにも楽々入って、しかも一眼品質!
と、行きたいところですが、7万じゃねー。

というわけで、2年落ちの、これ。

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス GF5 レンズキット 電動ズームレンズ付属 エスプリブラック DMC-GF5X-KPanasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス GF5 レンズキット 電動ズームレンズ付属 エスプリブラック DMC-GF5X-K
(2012/04/26)
パナソニック(Panasonic)

商品詳細を見る


あーーーー!Wifi対応じゃない!
って、いや、わかった上です。Wifi対応のGF-6がありますが、

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス GF5 レンズキット 電動ズームレンズ付属 シェルホワイト DMC-GF5X-WPanasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス GF5 レンズキット 電動ズームレンズ付属 シェルホワイト DMC-GF5X-W
(2012/04/26)
パナソニック(Panasonic)

商品詳細を見る


なにせ予算が。
てか、私の場合、ISOをガンガン上げて撮影するもんで高感度耐性が狙いでして、現在のGF1がISO3200までしかなくて、高感度のノイズもひどいもんですから、ISO12800のGF5にしたわけです。サイズもそこそこ小さいし。

で、当然、Wifiなしなのですが、FaceBookをやり始めてから、出先での投稿ではやはりスマホのカメラ画像になってしまうので、やはり、スマホとデジカメの連携は取りたい。

ということで、Wifi SDカードを購入することにしました。
定番なのは、これですが…

Eye-Fi Mobi 32GBEye-Fi Mobi 32GB
(2013/10/24)
Eye-Fi Japan

商品詳細を見る


こいつは、カメラで取った画像を、全部スマホに送り、そのままクラウドにアップロードというのが基本スタイルなのですが、私の場合、例えば料理の画像なんかは、何枚も撮って最良の一枚を選ぶというスタイルなので、全部スマホに送るのは、ちょいと不便かなと。

で、ブラウザ経由などで画像を確認して欲しい画像だけをスマホにDLしてFBにアップロードするということにしました。
そこで、これや

Transcend Wi-Fi SDカード 32GB 2年保証 TS32GWSDHC10Transcend Wi-Fi SDカード 32GB 2年保証 TS32GWSDHC10
()
トランセンド・ジャパン

商品詳細を見る


これ
TOSHIBA FlashAir SDカード 8GB SD-WL008GTOSHIBA FlashAir SDカード 8GB SD-WL008G
(2012/03/10)
東芝(TOSHIBA)

商品詳細を見る


あたりが定番なのですが…

ワタクシはこちらにしました。

PQI Air Card Wi-Fi内蔵SDカードアダプタ (microSDHC 32GB Class10付属) 6W25-032GR1PQI Air Card Wi-Fi内蔵SDカードアダプタ (microSDHC 32GB Class10付属) 6W25-032GR1
(2012/10/01)
PQI

商品詳細を見る


これ、何がいいって、Micro SDカードが任意のものが使えることです。しかも、32Gで一番安い。デジカメ画像をSDに入れっぱなしで、何枚もSDを使いまわしている人なんかにも最適ですね。で、ネットの情報では、転送スピードが恐ろしく早いとのこと。
スマホのソフトがショボいとか、不安定だとかのコメントも散見されますが、従来の使い方(基本PCにオンラインで画像を転送して整理する)に、ちょっとだけFB投稿の画像をスマホに転送するというワタクシの用途には十分です。確かに、スマホカメラで撮った画像をアップするよりは、ステップ数が増えるんですが、まあ、頻度から言えば許容範囲でしょう。

というわけで、

カメラ-Wifi-スマホ-FBまでのワークフローは出来上がりました。

さて次に、画像の整理です。これは、未だ最適解を見出していないのですが、これまでは、機会に応じて、SDからFrexible Renamerというリネームソフトを使って、ファイル名を"年月日_時分秒_カメラ名"に変換しながら、日付フォルダに格納してハードディスクに転送して整理しております。
最近、このファイル名変換が必要なのか?と、疑問がもたげているのですが、答えが見いだせないので、未だに、変換しています。

で、画像の閲覧ですが、おちらは、もう10年以上もVixを使っておりますが、こちらをPicasaに変えてみました。なんせ、編集機能が豊富なんで。イマイチ、使い方がわかりませんが。

そして、画像の公開のという部分なんですが、こちらにFlickrを利用することにしました。
例えば、他者に配布しなければならない画像や、一般に公開したい画像などはこちらにアップロードすることにしました。このブログに貼り付けたい画像も、今後はFlickrで管理する予定です。

このFlickrとにかく容量がでかい。無料で1Tですからね。豆腐1丁じゃないですよ。1テラ!ですよ。もう、アホじゃないかと。すごい時代になったもんです。

ただ、私のデジカメの全画像は、1Tを優に超えていますので、すべての画像をここに自動的にアップするわけにはいきません。あくまでも、公開用に、レタッチ&サイズ変換したものに限るつもりです。ただ、これまで、単発的にFirestorageで配布していた画像類を、今後はここをポータルにして配布しようという試みです。

ちなみに、こんな感じで過去のポスターを全てJpegにして公開してみました。こうして見ると、デザインの傾向や進化が見て取れると思います。

Flickr アカデミックポスターSets




| Science Design | 00:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Article reserch | Ciniiの同一著者報告

ネットでの国内論文検索がほぼCinii一択になりつつある昨今ですが、例えば、自分の論文を著者名検索すると、いくつかのIDに分けられて出てきます。別に気にはなっていなかったのですが、例えば、業績一覧みたいなかんじで、1ページに収まってくれると便利かなぁ、とふと考えておりましたが、解決策を発見。

20131125_Cinii_吉本博明


同じ人物と思われる著者名の左のチェックボックスをチェックして、上の同一人物の報告の部分の[実行]を押せば、報告画面が出てきます。どのくらいで反映されるのかわかりませんが。

皆さんも自分の名前でやってみてください。
出てこない人は、論文書きましょうねw。

| Article reserch | 13:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Science Design | ICCプロファイルの埋め込み

普通に作業をしていると、画像のプロファイルを意識することは少ないでしょう。
しかし、ワンランク上の作業を目指す、あるいは、印刷媒体への原稿を作成する場合は、画像の解像度やプロファイルに関する知識は必須です。

例えば、RGBとCMYK
ディスプレイの色はRGBの三原色でできています。一方、印刷はCMYKの4色でできています。普通のプリンターも4色です。印刷を前提とした画像の場合、画像のカラーマネージメントをCMYKの4色で行うべきですが、ディスプレイを前提とした場合、RGBに変換する必要があります。普通に作業している場合は、PCが勝手に変換してくれるので、あまり意識する必要はありませんが、状況によっては、こういうことがおこります。


RGB画像
こちらが、制作意図に合ったカラー。

20130928_ポスター番号_22-24_OL_450px

CMYK画像
こちらは紫が青に変わりやピンクがド派手に出ていて、制作意図通りではありません。

20130928_ポスター番号_22-24_OL_450px_icc0






| Science Design | 10:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Science Design | YouTube向け設定備忘録

YouTube(ニコニコ動画向けですが、ほぼ同じ)向けの設定をwebで見っけたので、備忘のため貼り付けます。
元ネタは(ありがとうございます)
ニコニコ動画で再エンコードされないPremiere CS5の設定



Adobe Premiereの設定

ファイル→書き出し→メディア
書き出し設定

形式:H.264
プリセット:カスタム
コメント:空白
出力名:任意
ビデオを書き出し:チェック
オーディオを書き出し:チェック

ビデオ

基本ビデオ設定
コーデック:MainConcept H.264 Video
テレビ方式:NTSC
プレームの幅:1280
フレームの高さ:720
フレームレート:29.97
フィールドオーダー:なし(プログレッシブ)
ビクセル縦横比:正方形ピクセル
プロファイル:高
レベル:3.1
最大深度でレンダリング:チェック無し
ビットレートエンコーディング:VBR、2パス
ターゲットビットレート:2
最大ビットレート:3
キーフレーム間の距離を設定:チェック
キーフレーム間の距離:30フレーム

オーディオ

オーディオ形式設定:AAC
コーデック:AAC
出力チャンネル:ステレオ
周波数:44.1kHz
音質:高
ビットレート設定:256
優先:ビットレート

下の方に表示される予想ファイルサイズが100MB(アップできる限界サイズ)以下に収まっている事を確認。実際は余裕を持たせて80MBくらいにした方が安心かも。
私の場合、予想ファイルサイズが70MBと表示され、実際に書き出されたmp4ファイルは73.8MBでした。
サイズオーバーしている場合は”ターゲットビットレート”の値を下げる事で調節できるようです。逆に値を上げるとサイズが上がる変わりに高画質になるはずです。



引用ここまで

YouTubeの場合は、ファイルの上限は2GBですが、100MB程度にした方が、スマホとかでも「見やすいんじゃないでしょうか?(このへん、要確認)

| Science Design | 14:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Academic writing | シリアル値使ってますか?

うちの秘書のお嬢ちゃんがエクセルで作った業績一覧を拝読。
つらつらと眺めていたら、ふと日付に目が行った。

2009.10.12

うむ。2009年10月12日の記事ですね・・・。
ん?
テン?
おー、セルの書式設定で、ユーザー設定を使ったのね。なかなかできる。

うん?
書式が変わらない。

なぬーー!なんとテキストで入力してある!がくがくブルブル・・・・


そこにあったのは日付ではあったのだが、日付書式で入力されていない文字列であった。
「並べ替えはできますよ」
秘書のお嬢ちゃんは、私が驚愕していることに気付いていない。
いや確かに、並べ替えには問題なかろう。しかし、日付書式で書くべきところをただのテキストで書いている違和感を如何に彼女に伝えるべきか。これは難しい教育問題だ。

えーっと、エクセルにおいて日付はですね、シリアル値という一意の数値を日付書式で任意の形式にして表示してですね・・・。説明を試みるものの、何が問題かを伝達できないもどかしさ。
確かに記入上困りはしない。困りはしないのだが、何かが違う。

続けて、うちの大学院生に「シリアル値を知っているか」と問うてみた。なんと、彼女も知らなかった。データの取りまとめでそれなりにエクセルも使ってきたのに。本棚には、エクセルの便利ワザ集の本もあるというのに。
彼女はちなみに日付については、091012と数値で記入していた。ガクガクブルブル。
確かに日付を表すには、必要十分だ。しかし、何かが違う。

そう、問題は、日付、時間の計算が容易かどうかだ。それが、日付をシリアル値で入力する、最大のメリットだ。確かに、今の彼女の研究内容では、日付の計算は必要なかろう。しかしそれが必要になった時に、彼女は驚愕することであろう。
ということで、練習問題。

091012 は 101012 の何日前か。

計算式は単純だ、101012 - 091012

しかし、計算結果は異なる。
単なる数値の結果は、 10,000。

シリアル値に基づく日付形式だと、365。

日付計算では、もちろん後者が正解である。
ちなみに、秘書のお嬢ちゃんのテキスト形式だと、#VALUE!エラーだ(笑)。

やはり、日付形式は、シリアル値で入力すべきである。
ちなみに、テキスト形式や、数値形式だと、20091035=2009年10月35日という存在しない日付も存在してしまう。シリアル値ではそれは入力できない。(正確には、シリアル値に変換されない)

ちなみに、日付形式で入力するときの、キー入力は、2009/10/12 あるいは、2009-10-12 と入力する。

「基本を忠実に覚える」

あらゆる習い事、スキルの習得はまずこれが先決だ。
ゆとり教育だか、個性教育だか知らないが、ある年代から、無批判なオリジナリティ幻想が蔓延しているように思える。一見それは礼賛すべき価値観だが、少なくとも、この事例においてそれは、断じてオリジナリティではない。ただの我流だ。

「バットをさかさまに持って球を打って何が悪い?」
確かに野球において、バットをさかさまに持って打ってはいけない、とはどこのルールブックにも書いてはいない。しかし、実際、さかさまにバットを持って球を打つプロ野球選手は存在しない。それは、バットという棒状の物体で飛んでくる球を打つという行為において、さかさまに持って打つことは、その機能を最大限に発揮しない、すなわち、飛距離が出ないからだ。野球の基本を知らない幼児で、バットをさかさまに持って打つ幼児は意外に多い。うちの息子もたまにやる。しかし、野球というゲームを理解して、球を遠くに飛ばすことが重要である、とゲームの目的を理解し、バットの機能を一端体得すると、その行為は消失する。非合理だからだ。幼児であっても非合理に安住することは快感ではない。面白くないのだ。

我流ではない、基本動作には、経験的に蓄積された合理性が存在する。オリジナリティとは、基本において実現される結果を凌駕する行為の改良によって評価されるべきである。これを理解している人間は意外に少ないのかもしれない。

それは、私の眼には、個性を礼賛するあまり、基本が内在する歴史性と合理性に対する敬意の欠如に見える。

前のブログで触れた、漢字学の泰斗、白川静先生は、漢字の源流である甲骨文、金文を徹底的に解析し、白川文字学と言われる、漢字大系を完成した。その基本的な視座は、漢字という文化が辿った歴史を源流まで辿り、当時の漢字を取り巻く生活世界に想像力を膨らませ、漢字の基本を徹底的に考究するという姿勢である。
基本はあらゆる行為の土台であり、強固な土台があって初めて、高くて堅牢な構造物を構築することができるのである。

野菜の栽培において、何が基本か?それは土づくりである。が、しかし、戦後の農業技術の視線は、土と地下に張り巡る根に向かず、あるいは、そこにうごめく微生物の世界に思いを馳せず、地上部の短期的な効率化に向かった。それが、結果として、ひ弱な作物を作り、防除という思想と技術を生み出し、そして、個性のない、マズい野菜を市場に送り出した。それが、長い年月をかけて、農業の弱体化を招来したと私には思える。ここにも、基本を疎かにする軽薄な技術思想が見え隠れしてはいないだろうか。

エクセルの日付入力は他愛もない技術ではある。しかし、その基本をおろそかにする思想、ものの考え方には、技術習得に関する、甘い見通しが見え隠れする。それは、極論すれば、人生に対する甘い見通しにも必ずつながっていくものではないか。

学生を指導していると、思いもよらぬ、間違いを発見することがたまにある。その多くは、本来辿るべき、技術習得の基本ステップを理解、あるいは、教育されていないことから来るものが多い。
いや、私は何も難しいことを言っているわけではない。単純に、まずは基本ワザを覚えるのが、最も時間と労力の節約につながりますよということだ。そこで節約できた時間と労力は、さらに新しい技術習得や改良に回すことができますよ、と極めて功利的かつ合理的な話をしているだけである。
そういう意外な間違い、あなたはしていませんか?

ところで、シリアル値を使って、091012 とエクセルに表示させるにはどうしたらよいかわかりますか?では、09.10.12と表示させるにはどうしたらよいかわかりますか?

宿題です(笑)。


| Academic writing | 01:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Science Design | Cuisine champignon EBURIKO

このたび、某学会のニュースレター編集委員会のアドバイザーに任命されました。で、そのからみの取材に行ってきました。

行き先は、軽井沢のあたらしくできたきのこをメインに食べさせてくれるフランス料理レストラン、エブリコさん。恵比寿のマッシュルームさんで修行され、その後、軽井沢のスターグリルのシェフを勤められ、この度、独立されたそうです。

夜のコースは、3800円と、一瞬、「大丈夫か?」と思わせるほどリーズナブルな値段。シェフと奥様のお二人で店を切り盛りされているので、現在は、このコースひとつだそうです。いずれは、もう少しグレードを上げたコースも準備したいとか。

きちんとしたライティングで撮ってませんが、ご参考までに。写真を。

お店の概観

20110512_エブリコ概観

20110512_エブリコ看板

 

内堀オーナーシェフ

20110512_内堀オーナー2

 

前菜 ホワイトアスパラのムースリーヌ生ハム巻きと紫アスパラのグリル

20110512_ホワイトアスパラ

 

 

前菜 山菜ときのこのフリチュール(コース外)

20110512_フリット

スープ 天然きのこと温泉たまごのミネストローネ

20110512_ミネストローネ

 

各種きのこのソテー(コース外)

 

メイン(4種類全部撮りました)

スペイン産ブタ肩肉のソテー クロラッパ茸のソース

20110512_スペイン豚ロースト

鯛のポワレ、舞茸のフリチュール

20110512_鯛

タスマニア産子羊のロースト 春野菜のソースで

20110512_子羊2

リブロースのグリエ 軽井沢産ポルチーニソース

20110512_リブロース

デザート クレーム・ド・エノキ、木苺のソルベ、白樺とマンゴーのソース

20110512_クレムドエノキ

20110512_内堀オーナー

≫ Read More

| Science Design | 16:21 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Science Design | サイエンス・デザイナー宣言?

サイトのデザイン変更にともなって、このブログのコピーも考え直しました。

「うーん、ワタシのシゴトを表す、新しい職業はないかなぁ?」と考えていた時に、「サイエンス・デザイナー」という単語を発案。で、ぐぐってみたら、いるんですね、そういう人が。

Science × Design(楢木佑佳)さんのサイト

彼女、まだ北海道大学の博士課程の大学院生らしい。
私は、イラストは書きませんが、仕事の内容としては近い感じ。

つまり、「科学的なリテラシーを必要とする著作物(媒体)のデザイン(コミュニケーション)を専門とするアーティスト」っつーところかな?要するに、ブルーバックスやニュートンみたいな科学系書物や雑誌のイラストや編集デザイン、表紙のデザインとか、学会のポスターなんかのエディトリアル・デザインを仕事とするカンジ。

 で、実際に筑波大学の先生がこんな研究会も作っていた。

日本 サイエンスビジュアリゼーション研究会

日本ではまだサイエンス関係のデザインというのは未発達の分野のようで、これから求められる分野かも。アメリカでは、システマティックな教育も行われているようです。

もちろん、プロのデザイン事務所もあるようですが、サイエンスリテラシーの一環として、理系の大学できちんと講義をしている例は、ほとんどなさそう。

つーわけで、わたくし、サイエンス・デザインの教授を目指します!w
どっか、進取の精神にあふれた大学はありませんか?

| Science Design | 14:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Science Design | CMYK RGB

「画像が見れないものがある~」とのご指摘をいただいた。
私の環境では見れるので気づかなかったんだけど、どうもインターネット・エクスプローラー(IE)で見れないらしいことが判明。
 で、調べてみると、
「CMYKで作製されたJPEG画像は、IEで表示されない」らしい。

 私は、いつのころからか、Firefoxを使っているので、これまでこの問題にぶつかることがなかった。普通にデジカメ写真を載せる場合は、元々RGBで作られているし、それをVIXで縮小しても、RGBは変わらない。ところが、このところ載せている、過去のWorks関連のファイルは、元々はイラストレータのCMYKで作製されたものをJPEGに変換したもの。
 ここに落とし穴があったのですね。

 IEご愛用のみなさま、ごめんなさい。

 というわけで変換作業をやろうと思っていますが、面倒なのでぼちぼちやります。どうしても見たい人は、IE以外のブラウザで見てください。

| Science Design | 12:55 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Article reserch |  2009年度3年生文献検索セミナー

 我ながら大げさなタイトルだw。

 数年前からでしょうか?新しく入ってきた学生さんに文献検索の入り口の話をしています。本日、「する」「しない」だの二転三転する周りの情報に踊らされながらw、結局、3年生の授業が終わった6時過ぎから開始。

 昨年からだっけかなパソコン室でやり始めたのは。たしか一昨年までは、個別に研究室でおこなっていたのですが、パソコン室の方が一度にできて楽しいですね。

 一通りの説明を終えたところで、本年は「新機軸!」(って、これまた大袈裟だねw)、検索体験をその場の思いつきでやってもらいました。要するに、自分の卒業研究に関係する文献を試しに検索してみるということですが・・・。

 思いつきとは言え、そこで私が狙ったことは以下の2点です。

 1.単純な検索ワード(たとえば、自分の研究するきのこ名)で出てくる膨大な文献から、どうやって絞り込んでいくのかを体験する。

 2.同じ手順で複数のデータベースを検索し、データベースの違いを実感してもらう。

 ということです。

 成功したかどうかはわかりませんが(いや、きのこ名によっては、膨大に出ないし…)、その一端でも掴んでくれれば、後は実際の課題に直面した時に、それぞれの人が自分なりの習得をしていくものと思っています。

 今日のセミナーをまとめるとこういうことです。

 1.何はなくとも、まずJ-Dream、家ではタバコ(お菓子?)片手にGoogle Scholar、医中誌で学会発表も気にしつつ、やっぱり最後は、Pubmedで決まり!

 2.的を絞ろう“”(ちょんちょん)で!結果はなんとか一ケタに。

 3.いつかは読みたい、英語の論文(てか、最後は逃げられないよw)

 4. ちょっとまて!教科書と基本文献はちゃんと読んでおいてからね。(そうしないと、検索ワードさえ思いつかないよ)

 そういえば、検索している人で、「活性」という検索ワードを使っている人がいましたね。指摘し忘れたけど、活性はいただけませんねw。曖昧すぎます、あまりにも。まぁ、きのこの場合、最初にきのこの名前を入れた段階で、すでに文献量が少ないからあまり問題になりませんが、何の活性なのか?とターゲットを絞った方がいいです。

 例えば、高血圧とか、脂質代謝とかね。

 実は、これでも大きすぎます。さらに、小さく、ACE阻害(活性)とかね。HMG-CoA阻害(活性)とかね。これらの検索ワードを思いつくには、生化学とか薬理学の教科書を読んで、それぞれの疾患の分子レベルでの発症機序を知っていないと思いつきません。

 そういうわけで、「ちょっとまて!教科書と基本文献はちゃんと読んでおいてからね。」なわけです。

 閑話休題。そういえば、最近、私が読んでいる本、ご紹介しておきましょう。

分子レベルで見た薬の働き 第2版 (ブルーバックス)

分子レベルで見た薬の働き 第2版 (ブルーバックス)

ブルーバックスは、高校生でもわかる書き方で難しい科学の世界を説明した本が多いので、本屋に行ったときに棚を眺めることをお勧めします。いや、眺めるだけではなくて、気になった本は買って読みましょうね。

 ご承知のように(ご存じないか?w)、私は高校は私立文系コース(要するに落ちこぼれw、)で理科は、地学と生物しか授業で習っていません。大学は、文学部と、これまた薬学も、栄養学も、生化学とも無縁な大学生活でした。

 ええ、生まれてこの方45年、化学を習ったことがなぁ~い!ベンゼン環?それは食べられるの?ぐらいの知識です。そんな私には、こんな本でも十分なのです。いや、読んでみればわかりますが、結構深いですよ。恐らく、3年生の知識では(いや、院生も一度手にとってみなはれ)知らないことのオンパレードでしょう。

 あー、また横道に逸れた。文献検索です。てなわけで(どういうわけだ?)、みなさん文献検索頑張ってください。文献検索は、あくまでも卒業論文を書くために必要な知識を得るツールですので、決して文献検索だけで、満足しないように。てか、そこに時間を取られすぎないように、くれぐれもご注意ください。

 本日は、おまけとして、引用文献の書式(形式)の話(バンクーバースタイル、木材学会誌の形式、食糧誌の形式)などをさらっとやりまして(説明不足が多かった)、アトラクションとして、「第1回!チキチキ、タイピング選手権」などで和みつつ、あっという間に2時間が終了しました。

 3年生のみなさん、お疲れ様でした。

 ホントは、文献検索、管理の話は意外と奥が深くて、1年通しの授業も可能なぐらいネタがあるのですが、何か質問があれば、ブログ、あるいは、メッセで遠慮なくお尋ねください。

 なお、私のこのブログの右のサイドバーにあるカテゴリーの、文献検索をぽちっと押すと、過去に文献検索のカテゴリーで書いたブログが読めますので、こちらも合わせてお楽しみください。

 ではでは。

 

| Article reserch | 01:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Academic writing | Zoteroで決まり?

 論文書きに限定されるものではないが、文献整理は骨の折れるものです。
きのこやの場合、フリーソフトのBunsoを使っておりますが、残念ながら開発が中止され、しかもネットでの配布も終了しています。
 にもかかわらず、私が学生にも友達にもこれをおすすめしているのは、これがフリーかつ強力なカスタマイズ機能を持っていること、そして、MSワードとの連携機能を持っているということです。

 で、先月の出稼ぎ時、フィリピンから来ている教授に、例の如くBunsoの使い方を教えてあげました。んが!よくよく見ると、Bunsoは日本語のみしかない!で、彼は英語しか解さない。

 で、勉強のために英語化にチャレンジ!
探せば、いろんなソフトってあるのね。

リソース・ハッカー
 こいつ、楽しいですよ。力技ですけど・・・。えっちらおっちら、Bunsoの英語版を作ってみました。なんか、ちょっと感動。
 しかし、ヘルプまで英語化するのは骨が折れます。
 「何かほかにいいソフトはないのか?」

 久しぶりにネットを徘徊。
 あるんですねー。ネットは日々進化しています。それが・・・

Zotero

Firefox のプラグインソフトです。
いやー、こいつ強力です。ネットで閲覧したデータベース上の文献書誌データをサクサク取り込んでくれます。取り込みスピードだけなら、たったのワンクリックですから、Bunsoの10倍ぐらいは早いです(当社比w)。しかも、うれしいことにPDFファイルがある場合は、そいつも自動で取り込んでくれます。1時間もあれば、ハードディスクが論文でぱんぱんになりますよ。
 
さらに、Firefox Portableなるブラウザも発掘!
Firefox Portable
なんと、こいつはUSBメモリーやポータブルのハードディスク上で動作するブラウザです。中身は、Firefoxと何らかわりません。

と、いうことは・・・・
常に、自分の環境(お気に入りやらね)を持ち歩いて仕事(ネット)ができるということです。んでもって、Zoteroも持ち歩ける。PDFも持ち歩ける。有料のデータベースに入れる大学の図書館にも持っていける!

最強じゃありませんかぁ!!

ポータブルハードディスク+FirefoxPortable+Zotero

これで決まりです。

ちなみにきのこやが使っているポータブルハードディスクは

Transcend ポータブルHDD StoreJet 2.5 Mobile SATA 500GB TS500GSJ25MTranscend ポータブルHDD StoreJet 2.5 Mobile SATA 500GB TS500GSJ25M
(2008/10/11)
不明

商品詳細を見る


こいつの250Gのやつ。買った当時は1万5千円ぐらいでしたけど、今なら7000円程度です。
てか、500G出たのか・・・・。

| Academic writing | 23:48 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。