Dr.KINOKOYA Laboratory since 2004

サイエンス・デザイナーDr.KINOKOYAのAcademic Tips

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサー広告 | スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Academic Poster | Dr.Kinokoya Laboratory Works 2008 Poster presentation

2008年9月16日 日本きのこ学会第12回大会(福岡)

20080916_きのこ学会(福岡)P13_キトグルカン_400


2008年9月19日 The 5th Meeting of East Asia for Collaboration on Edible Fungi, Fukuoka

20080919_東アジアきのこ会議(福岡)


| Academic Poster | 23:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Academic Poster | Dr.Kinokoya Laboratory Works 2006 Poster presentation

この前、学会のポスターを載せてみたら、思ったより綺麗に見えたので、この際、これまで私がデザインしたポスターを縮小して載せてみることにした。
まずは、2006年度のもの。

2006年9月20日 日本きのこ学会第10回大会(秋田)

2006年9月20日日本きのこ学会第10回大会

| Academic Poster | 22:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Academic Poster | 2年連続受賞

と、いうわけで、第60回日本木材学会大会(宮崎)のポスター発表におきまして、優秀ポスター賞を受賞しました!
2年連続の受賞でございます。
てな報告を嫁にしましたら、どうせ5人ぐらいしかいないんでしょ?
とのお言葉・・・(涙)。

違いますよー。今回のポスター発表は、約500件、その中から分野ごとに15題が選ばれたんですよー。

今回は、1週間前に同僚といいうか教え子というか、ウチの院生が突然亡くなったもんで、彼に捧げるためにも、ポスター賞を取りたかったんですよね。彼は、私が最も沢山イラストレータを教えた子で、生来のセンスと努力も手伝って、メキメキと腕を上げ、昨年の日本きのこ学会のポスター賞では、私を抜いて最優秀賞を取った子でした。私は2番だったけど。

そんなこんなの経緯もあったもんだから、天国の彼にも見て貰いたくて、ちょっと気合を入れたのでした。

今回のテーマは「斜めへの挑戦」。

通常、このテの学術発表は、基本的に四角を基本にしたレイアウトがオーソドックスなんだけど、今回は、文字組みは確かに四角なんだけど、少しだけ斜めのモチーフを取り入れてみたわけです。

(横のお譲ちゃんは発表者)

20100317_085302_DMC-GF1_500.jpg

色は前回のエノキタケの発表と同じテーマカラーを使って、エノキタケは針のようにとんがったきのこなんで、ちょいとシャープなイメージを表現してみました。

おなじきのこ関係の先生方からは、「毎回、賞取りすぎなんで、もう出入り禁止だよね」と、誉め言葉なのか、大人気ないという戒めなのか、複雑なコメントを戴きましたが。

確かに、大人気ないっちゃ大人げないかもね。半分プロみたいなもんだし。
ただし、私は別にデザインの大学を出たわけでもないし、デザインで飯を食っているわけでもないので、プロとは言えないんですが。ただ、元々デザインとかが好きで、ソフトの技術を覚えるのが好きで、独学でここまで来たわけですが。
今回は、時間の問題と、発表者のお譲ちゃんのスキルが追いついていかないということで、私が全部デザインしましたが、時間があれば、本人のセンスを生かしながら、きちんと指導して標準以上のレベルまでにしますけどね。

ま、そろそろポスター賞からは卒業かしら?
でもですね、言い訳がましいですが、私は学術発表にはデザイン性というか、苦労して出したデータを、わかりやすく、しかもインパクトのある形でプレゼンテーションすることが重要だと思っているんですね。
ただ単に、データが出ました、どうでしょ?と、見にくい一覧表を見せられても、見る人の心には飛び込んできませんよね。確かに、専門家集団での発表ですから、その研究の意義は、別に美しく飾ってなくてもわかるわけですが、無味乾燥なものではなく、適切に、美しく見せることも、自分の大事な研究成果に対する愛情だと思うのですが。

というわけで、より高いレベルのものを出して、少しでも全体のレベルアップにつながれば、と密かに願っているんです。

ちなみに、授賞式は、みんな卒業式で出られなかったんで、私が賞状を戴いてきました。

20100319_121058_DMC-GF1_500.jpg

| Academic Poster | 11:32 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。